TIGER

メニュー

プレスリリース

26th キネコ国際映画祭 ブース出展のお知らせ
2018年11月22日(木)~11月26日(月)

概要

 タイガー魔法瓶株式会社(社長:菊池嘉聡、本社:大阪府門真市)は、2018年11月22日(木)~11月26日(月)までの5日間、109シネマズ二子玉川とiTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズを中心とした会場で開催される子ども国際映画祭「26th キネコ国際映画祭」にブース出展いたします。
 26th キネコ国際映画祭は、子どもたちに映画を通じて「個性」「感性」「国際性」「道徳」を身につけてもらいたいと願い、世界の子ども映画を上映する日本最大規模の子ども映画祭です。映画上映以外にも、体験型のワークショップやブースがあり、お子様だけでなくご家族皆様で楽しめるイベントです。
 当社ブースでは、映画祭キャラクター・旅猫「キネコ」の生みの親、絵本作家の立本倫子さんがデザインした「colobockle(コロボックル)」のステンレスボトルの展示や、大人の方からお子様まで楽しめる折り紙を使ったワークショップを開催いたします。
 タイガー魔法瓶は、子どもたちが映画を通じて世界の芸術や文化に触れることができる本映画祭を応援いたします。

イベント概要

日程:2018年11月22日(木)~11月26日(月)
会場:東京・二子玉川
   109シネマズ二子玉川 、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、ほか周辺エリアを予定
   ※タイガーブースはhttp://kineko.tokyo(10月公開予定)をご確認ください。

内容

① キネコ コラボボトルを含む「colobockle(コロボックル)」ステンレスボトルの展示

「colobockle(コロボックル)」ステンレスボトルの展示

② 折り紙を使ったワークショップの開催

 世界にひとつだけの折り紙がつくることができる「OrigaMemory®(オリガメモリー)」が体験できるワークショップ。日本の伝統文化“折り紙”に、その日だけの思い出を残していただけます。

※イベント内容・詳細につきましては変更になることもございます。

26th キネコ国際映画祭とは

 1992年に渋谷でスタートした子ども国際映画祭。映画祭のジェネラル・ディレクターは女優・戸田恵子さん。国内で唯一、ヨーロッパ子ども映画団体(ECFA)や子ども・青少年向けのオーディオ・ビジュアルのプロフェッショナルが集まる団体(CIFEJ)に加盟し、子どもたちが映画を通じて世界の芸術や文化に触れ、映画から夢や希望を育むこと、子どもたちの人生の指針のきっかけとなる映画の上映に取り組んでいます。
公式サイト:http://kineko.tokyo/  主催:一般社団法人キンダー・フィルム(26th キネコ国際映画祭事務局)

26th キネコ国際映画祭

ブース最新情報は、下記サイト内にて公開しております。

・ステンレスボトル SAHARAスペシャルサイト「SAHARA style」https://sahara.jp/