蒸気レスVE電気まほうびん
PIW-A220/A300


操作しやすい蒸気レスタイプの普及モデル

サイズ 品番 価格
2.2L PIW-A220 オープン価格
3.0L PIW-A300 オープン価格

※オープン価格の商品はメーカー希望小売価格を定めていません。

特長

置き場所に困らない<蒸気レス>

「蒸気キャッチャー構造*」搭載により、蒸気を水滴に変え、ポット内に戻す構造になっているため、蒸気を本体の外に出しません。
結露の心配がなく置き場所に困らないことに加え、うっかりと高温の蒸気にふれてやけどをするおそれもなく、安心です。

蒸気レス

蒸気により結露の心配がないため、置き場所が自由に選べます。

*蒸気キャッチャー構造のしくみ
①沸とうを検知する蒸気レスセンサーを搭載。
沸とう時の蒸気の出をすばやく感知し、最小限の蒸気の出に抑えて、無駄な量の蒸気を発生させません。
②湯わかし時に発生した蒸気は蒸気取込口から入り、ふた内部に内蔵されている蒸気キャッチャーに受け止められます。
③蒸気が、蒸気キャッチャー内の冷却通路を通って冷却されます。
④冷やされた蒸気は結露し、水滴となり、もとの通路から内容器に戻ります。

2段階の給湯量切替<たっぷり&ゆっくり給湯>

お料理には素早い「たっぷり給湯」、インスタントスープや紅茶など少量やじっくり入れたい場合は「ゆっくり給湯」。シーンによって使い分けができます。

たっぷり給湯

【たっぷり給湯】
ゆでるなどの調理用に

ゆっくり給湯

【ゆっくり給湯】
インスタントのカップスープなどに

使い方が広がる<コードレスエアー給湯>

コードレスエアー給湯

通電時は指1本で注げる電動給湯。
電源のない場所では、プラグを外していても注げるエアー給湯でお湯が注げます。

たっぷり沸かしてまほうびんで保温<節電VE保温>

高真空2重瓶(VEまほうびん構造・ステンレス製)の容器は、通電を切っても保温できる頼もしい構造。プラグを抜いて2時間後も、約90度以上※をキープ!省エネ・節電性に優れています。
VEは、Vacuum(真空)+Electric(電気)の略称です。

※プラグを抜くと時間経過とともに冷めていきます。

お湯の残量が分かりやすい「ワイド&赤玉水量計」

水量計の中の赤玉が浮いて水位を示すので、残りの水量がひと目で分かります。

赤玉水量計

安心・安全設計

「カラだき防止」
カラだきを検知して自動OFF。

「自動ロック電動給湯」
給湯後しばらくすると自動ロック。(エアー給湯は手動)

「傾斜お湯もれ防止」※1
万一傾いた場合でもお湯もれを最小限に。

「転倒お湯もれ防止」※1
万一倒れた場合でもお湯もれを最小限に。


※1 ご注意
<電動給湯の場合>操作キーがロック(出ない)状態になっていても、本体を傾けたり倒すと注ぎ口や蒸気孔からお湯が流れ出てやけどのおそれがあります。
<エアー給湯の場合>押し板ストッパーがロック(出ない)状態になっていても、本体を傾けたり倒すと注ぎ口や蒸気孔からお湯が流れ出てやけどのおそれがあります。

お手入れ

機能

機能一覧

※下線付きの機能がある場合は、クリックで詳細を表示します

便利・使いやすさ

蒸気レス沸とう

レバー式電動給湯(自動ロック)

コードレスエアー給湯

たっぷり&ゆっくり給湯

4段階の保温設定選択(98・90・80・まほうびん)

クリア液晶(オレンジ)

沸くまで何分表示

ワイド&赤玉水量計

お知らせブザー

節電

VE

エココース

5段階節電タイマー

お手入れしやすさ

内容器フッ素加工

クエン酸洗浄機能

安心・安全設計

転倒お湯もれ防止

傾斜お湯もれ防止

カラだき防止機能

自動ロック電動給湯

仕様

2.2L
  • ブラウン〈T〉

3.0L
  • ブラウン〈T〉

  • ブラウン〈T〉

品番 PIW-A220 PIW-A300
実容量
PIW-A220 2.2L
PIW-A300 3.0L
カラー
PIW-A220 ブラウン〈T〉
PIW-A300 ブラウン〈T〉
湯わかし時の消費電力
PIW-A220 700W
PIW-A300 700W
年間消費電力量 *
PIW-A220 225kWh/年
PIW-A300 263kWh/年
1日当りの消費電力量 *
PIW-A220 0.62kWh/日
PIW-A300 0.72kWh/日
サイズ (約)(cm)
幅 × 奥行 × 高さ
PIW-A220 21.5×28.4×28.3
PIW-A300 21.5×28.4×32.3
本体質量 (約)
PIW-A220 2.7kg
PIW-A300 3.0kg
コード長(約)
PIW-A220 1.0m
PIW-A300 1.0m
生産国
PIW-A220 中国
PIW-A300 中国

* 日本電機工業会自主基準による測定(室温23度、湯わかし2回/1日、再沸とう1回/1日、保温90度で23時間/1日、365日/年間、その他水量等の試験条件:日本電機工業会自主基準HD-112に基づく)
※特定地域(高地・厳寒地など)においては、所定の性能が確保できないことがあります。

製品のご購入

消耗品のご購入