OEM事例紹介

宇宙開発関連

宇宙実験サンプル格納用 真空二重断熱容器

宇宙航空研究開発機構(JAXA)との共同開発。

国際宇宙ステーション(ISS)から地上に物資を回収する小型再突入カプセル(JAXAが宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機へ搭載のために開発)において、貴重な宇宙実験サンプル等を格納する真空二重断熱容器の開発を担当。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発を進める小型回収カプセルのミッション概要

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発を進める小型回収カプセルのミッション概要(JAXA提供)

回収カプセルで真空二重容器に求められる機能・性能

●冷蔵が必要な実験サンプルを既定の温度範囲で維持する高い断熱性能(4度±2度の範囲で4日間以上)
●カプセルが海上に着水する際の強い衝撃に耐える高い強度(40G)

小型回収カプセルの構成とカプセル用真空二重断熱容器の概要

大気圏に再突入する小型回収カプセルのイメージ図

大気圏に再突入する小型回収カプセルのイメージ図(JAXA提供)

小型回収カプセル全体の構成 小型回収カプセル全体の構成

小型回収カプセル全体の構成
(JAXA提供)

弊社担当の真空断熱容器部 弊社担当の真空断熱容器部

当社担当の真空断熱容器部

断熱容器開発と小型回収カプセルの経緯 ※日時はすべて日本時間です。

2014年4月
JAXAより「産業機器に関するお問い合わせ」宛てに真空容器の特注品の製造について問い合わせがあり、可能である旨を回答。
2015年11月
JAXAより再び連絡あり。
「4度±2度の範囲で4日間以上の断熱。かつ最大40Gの負荷」という、通常のまほうびんでは考えられない極めて高度な要求に対し、当初技術者陣は困難と考えていたが、「我々がやらなければこの計画自体がなくなってしまう」との思いから、参画を決意。
2015年12月
JAXAとの共同開発スタート。議論・解析を経て温度実験用の試作・性能検証を繰り返す。
2016年8月
3台目の試作品で、容器の断熱性能と保冷剤により「4度±2度の範囲で5日間の保冷」に成功。
2016年11月
JAXAからの要求事項を満たすフライト品の開発に着手。
試作品の保冷性能と強度を維持したまま「10.195kg以下」という目標に向けて軽量化を目指す。
2017年5月
試作品一号機の17.8kgから約45%軽量化したフライト品をJAXAに納品。
2018年7月13日
「こうのとり」7号機(HTV7)の打上げ発表
http://www.jaxa.jp/press/2018/07/20180713_h2bf7_j.html
2018年9月11日
地上局(グアム局)天候悪化の予想により打上げ延期
2018年9月14日
天候悪化の予想により打上げ延期
2018年9月15日
ロケットの推進系統確認のため打上げを中止
2018年9月20日
天候悪化の予想により打上げ延期
2018年9月23日
2時52分27秒 打ち上げ成功

動画:JAXA

2018年9月28日
国際宇宙ステーション(ISS)との結合完了
2018年11月8日
国際宇宙ステーション(ISS)から分離

動画:JAXA

2018年11月11日
6時14分 大気圏に再突入。
宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)のミッション完了。

小型回収カプセル(HSRC)の回収の様子
(写真:JAXA提供)

小型回収カプセル(HSRC)で回収されたペイロード収納容器から真空二重断熱容器(魔法瓶構造)を取り出す様子
(写真:JAXA提供)

2018年11月13日
4時50分 小型回収カプセルの「実験試料」が南鳥島に接岸
2018年11月13日
5時17分 「実験試料」が航空機により南鳥島を出発
2018年11月13日
9時42分 「実験試料」が筑波宇宙センターに到着
2018年11月17日
16時頃、「小型回収カプセル本体」を積んだ輸送車両が筑波宇宙センターへ到着

小型回収カプセル(HSRC)に関する記者会見で公開されたペイロード収納容器や真空二重断熱容器(魔法瓶構造)等(写真:JAXA提供)

2018年11月27日
日本で初めてのISSからの物資回収に成功したことを発表。

開発者コメント

まずは、宇宙実験サンプル回収の成功おめでとうございます。
4年半前のほんの小さなきっかけによって、このような歴史的快挙に関われたことを本当に嬉しく思います。
今回のプロジェクトでは、驚くほどたくさんの取材依頼をいただきました。
魔法瓶に限らず、製品の開発というのは、企画・設計・試作・改良という地味な作業の繰り返しですし、「壮大な実験のほんの一部分を担っただけなのに、取材を受けて良いものだろうか」という戸惑いもありましたが、日本の宇宙技術開発者の方々が成し遂げた偉業を、身近な魔法瓶を通じて、多くの方に知っていただくきっかけになれていたら光栄です。
技術者としては、JAXAを始めとする素晴らしい技術者の方々と仕事が出来たことは本当に良い経験となりました。
我々が開発した真空断熱容器に対しては、「おかえり、よく頑張ったね」と声をかけてあげたい気持ちです。

開発第3チームのメンバー。 左より、
堀井大輔、中井啓司、森 俊彦

JAXAさまのコメント

今回の小型回収カプセルのミッションは、宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機の再突入機会を活用し、国際宇宙ステーション(ISS)から宇宙実験試料を地上に回収する技術を実証するという日本初の挑戦でした。

技術的な難易度が高く困難の連続でしたので、カプセルの着水を確認したときや回収船で引き上げたとき、そして実験試料が無事筑波宇宙センターに届いたときには、感動すると共に苦労が報われたと感じました。
また、カプセルにとってのお客様である実験試料のオーナー様に無事試料をお届けすることができ安堵すると共に、大変喜ばしく感じております。本ミッションに関わって頂いた関係者の皆様にこの場をお借りして改めて御礼申し上げます。

タイガー魔法瓶様には、魔法瓶の技術を活用し、カプセル内に実験試料や保冷剤を格納する真空断熱容器の開発を行って頂きましたが、今回の成功が、身近な技術の宇宙分野への活用、そしてその成果が地上に還元され新たな価値を生み出すという流れを加速することに繋がればと期待しております。

メディア

ウェブサイト

2018/11/08 日本経済新聞社 日本経済新聞
2018/11/08 毎日新聞社 毎日新聞
2018/11/01 時事通信社 時事通信
2018/11/10 フジテレビ プライムWEB
2018/11/11 フジテレビ プライムWEB
2018/11/12 セメダイン HAKUTO SPECIAL SITE

TV

2018/11/10 フジテレビ プライムニュースイブニング 「宇宙プロジェクト カギは魔法瓶~開発者が語る秘話~」
2018/11/11 フジテレビ プライムニュースイブニング 「“究極の魔法瓶”地球に帰還」
2018/11/11 テレビ朝日 サンデーステーション 「日本初宇宙から帰還成功 偉業の裏に「究極の魔法瓶」」
2018/11/11 フジテレビ Mr.サンデー
2018/11/12 関西テレビ 報道ランナー
2018/11/12 朝日放送 キャスト
2018/11/13 毎日放送 ちちんぷいぷい
2018/11/13 読売テレビ かんさい情報ネットten
2018/11/12 フジテレビ プライムニュースイブニング
2018/11/17 NHK 週間まるわかりニュース

新聞

2018/11/09 毎日新聞社 毎日新聞
2018/11/09 毎日新聞社 毎日新聞WEB
宇宙開発関連
宇宙実験サンプル格納用
真空二重断熱容器
飲食関連
鍵つきステンレスエアーポット
学校給食用保温保冷容器
物流・自動車関連
自動車用エンジン冷却水の蓄熱システム
住宅関連
魔法瓶構造電気即湯器
工場・公共設備関連
給茶機用湯沸しタンク