炊飯電子ジャー「炊きたてダブル」(CR型)炊飯電子ジャー「炊きたてダブル」(CR型)
炊飯電子ジャー「炊きたてダブル」(CR型)

1974昭和49年

炊飯電子ジャー「炊きたてダブル」発売
(現在の炊飯ジャーの第1号商品)

これまでの電子ジャーは、ご飯を"保温"するためものしでしたが、それに"炊飯"機能をプラスした1台2役の商品「炊飯電子ジャー」が、昭和47年(1972)から各家電メーカーから発売されました。

当社の炊飯電子ジャー第1号は、昭和49年(1974)に発売された、炊飯電子ジャー「炊きたてダブル」(CR型)。他社と差別化を図るため、かまどで炊く工程を徹底的に分析し、よりおいしく炊き上げるために、新たな調圧口を設けました。

その後も、業界初の音声コール、時刻セットタイマーなど、業界が注目する機能を次々と開発。高機能と使いやすさを考えた商品開発は今も続いています。