沿 革

「母親が入れてくれた一杯のお茶の温もり」を
いつでも味わえたら…。
私たちタイガー魔法瓶の挑戦と進化の歴史は、
そんな、ひとりの青年の想いから始まりました。

全年代一覧

1923 創業

1940 - 1959

1950

ハンディポットの草分け的存在「ベークライト製卓上ポット」

1952
本社及び工場を大阪市大正区に合併移転。東京出張所開設
1953
社名を「タイガー魔法瓶工業株式会社」に改称
1955

本社・工場を大阪市城東区に移転、生産体制を強化

業界をリードする、商品開発

1958
通商産業省(現・経済産業省)より業界初のJIS工場指定を受ける
1959

ハンディポットの変遷

1960 - 1979

1963
大阪府門真市(現住所)に、総合工場完成
1964

ステンレスジャー、新幹線のビュッフェで採用

1966
大阪府品質管理推進優良工場の指定を受ける
1967
中瓶オートメーション製法導入。自動製瓶工場、製品倉庫完成
1968
創立45周年、会長に創業者菊池武範、社長に菊池嘉人、就任
1970

タイガー販売株式会社(本社・大阪)、タイガー物産株式会社(本社・福岡)発足。
東京支店・配送センター完成。
北海道営業所開設

電気ジャー「炊きたて」発売(現在の電子ジャーの第1号商品)

炊飯ジャー・電子ジャーの変遷

1971

新社屋(第2号館)を完成。新工場完成。
タイガー販売(株)東北営業所開設。
タイガー物産(株)広島営業所開設

エアーポット・電動ポットの変遷

1972

電子ジャー「炊きたて」驚異的な大ヒット

歴史的大ヒット。ハイビスカス柄アイテム

1974

炊飯電子ジャー「炊きたてダブル」発売(現在の炊飯ジャーの第1号商品)

1976
氷削り器「きょろちゃん」発売。
2016年、人気の高かった三代目(1978年)モデルを復刻。
WEBサイトへ
1978
本社社屋増築(第3号館)工事完成

1980 - 1999

1980

電気ポット第1号商品、湯わかしエアーポット「わきたて」の発売

1982
本社物流センター完成
1983
創立60周年を迎える。社名を「タイガー魔法瓶株式会社」に改称。
門真魔法瓶センター完成
1986

CADシステムを導入。鳥栖物流センター完成

魔法瓶の中瓶はガラス製からステンレス製へ。
大ヒットしたダブルステンレスボトル「サハラスリム」
(ペットネームに「サハラ」をつけた第1号商品)

1987
門真魔法瓶センターにステンレス魔法瓶金属プレス工場完成
1988
タイガー生産管理システム(TOPICS)導入
1989
販売・物流オンラインシステム(TOPS)導入
1990
台湾に「合併会社虎記股有限公司」設立
WEBサイトへ
1991
タイガー物産(株)をタイガー販売(株)に統合し、販売部門を全国一元化する。
香港に「虎碑産品有限公司」設立
WEBサイトへ
1995
本社成形工場棟完成
1997
東日本物流センター完成。
上海に「合弁会社上海虎生电子电器有限公司」設立
WEBサイトへ
1998

VE真空電動ポット「とく子さん」発売(「とく子さん」の第1号商品)

1999
タイガー販売(株)を吸収合併。
社長に菊池嘉聡、就任

2000 - 現在

2001
本社工場がISO9001の認証を取得
2002
アメリカにTIGER CORPORATION U.S.A.を設立
WEBサイトへ
2006

業界初!土鍋IH炊飯ジャー発売
いつものご飯を贅沢にする、高級炊飯ジャーの幕開けへ

2011

業界初の、蒸気を外に出さない蒸気レス電気まほうびん「とく子さん」
より安全・安心な団らんを提供

タイガーエスネット(株)を吸収合併。タイガーテクニカルサービス(株)設立

2012
ベトナムにTIGER VIETNAM Co.,Ltd.を設立
WEBサイトへ
2013
本社品質管理棟完成
2014

食卓に新たな価値を提案するブランドへ
GRAND X(グランエックス)シリーズ発売!

2015
インドにTIGER INDIA PRIVATE LIMITEDを設立
WEBサイトへ