ハンディポットの変遷

1950年代

サロンポット/グランドポット

金属ケースの実用的ポット

サロンポット/グランドポット

1959年(昭和34)発売/口径40mmの大きさ注ぎ口と丈夫な金属ケースを使用した実用的ポット

1960年代

  • アートボンド

    木目模様ポット

    アートボンド

    1960年(昭和35)発売/木目模様入りの湯差し

  • ハニーポット(H型)
    表面を保護する塩化ビニールフィルム表面を保護する塩化ビニールフィルム

    塩ビ鋼板に花柄模様

    ハニーポット(H型)

    1968年(昭和43)発売/塩ビ鋼板に花柄模様を印刷、さびない、はげない外装を採用し、人気を博した画期的なポット

  • シャトー(TRD型)

    ヨーロッパスタイルのデザイン

    シャトー(TRD型)

    1969年(昭和44)発売/ヨーロッパスタイルの洗練されたデザインの輸出向けとしても好評のポット。グッドデザイン選定商品

1970年代

  • マインポット(NM型)
    ポイント

    業界初のワンタッチスライド栓

    マインポット(NM型)

    1972年(昭和47)発売/業界初のワンタッチスライド栓を採用し、ふたを開けずに注げる画期的なポット

  • テーブルポット(PHM型)

    1Lポットの基本形

    テーブルポット(PHM型)

    1979年(昭和54)発売/鋼板タイプの1Lポット需要を急拡大させたデザインの基本形となったポット

  • 有田焼セット(GHM型)

    ギフト需要を拡大した人気商品

    有田焼セット(GHM型)

    1979年(昭和54)発売/ポットと有田焼をセット、ギフト需要を拡大した人気商品。発売以来120万セットを販売。

1980年代

  • ティンプルポット(PSA型)
    ポイント

    ふたを回して注ぐ新方式

    ティンプルポット(PSA型)

    1981年(昭和56)発売/ふたを回すと注ぎ口が出る新方式。

  • マインポット<プッシュポン>(PSB型)
    ポイント

    新開発のワンタッチプッシュ栓

    マインポット<プッシュポン>
    (PSB型)

    1982年(昭和57)発売/ノック式ボールペンにヒントを得て、新開発されたワンタッチプッシュ栓を採用したポット。ハンディポットやボトルなどの中栓の主流となった画期的なポット。

  • 籐ポット(PSH型)

    籐を外装に使用

    籐ポット(PSH型)

    1982年(昭和57)発売/自然の素材「籐」を外装に活かしたあきのこないデザインポット。

1990年代

  • テーブルポット(PRJ型)

    高級ステンレス製の外装

    テーブルポット(PRJ型)

    1991年(平成3)発売/清潔で丈夫な高級ステンレス製外装のポット

  • 和風ポット・茶こしつき(PRL型)
    茶こし茶こし

    業界初の茶こしつきプッシュ栓

    和風ポット・茶こしつき(PRL型)

    1991年(平成3)発売/業界初のプッシュ栓に茶こしがついたポット