ホットプレート・グリルなべを安全にご利用いただくために

次のような症状がみられたら使用を中止し、
取扱説明書をご確認の上点検をご依頼ください。

  • いつもと違って、温度が異常に高くなったり、こげくさいにおいがする。
    調理物がひどくこげる煙が出たり、においがする。

  • プレートの温度が上がらない。

  • ご使用中、電源コード、差込プラグが異常に熱くなる。

    ・ 交流100V以外でご使用になっていませんか。
    ・ 15A以上のコンセントを単独で使用していますか。

    ・ 電源コードに傷んだ部分は見当たりませんか。
    ・ 差込プラグにほこりが付着していませんか。
    ・ 差込プラグはコンセントの奥までしっかりと差込んでいますか。
    ・ 器具用プラグにピンやゴミが付着していませんか。

    ・ 専用コード以外のコードを使用していませんか。
    ・ 差込プラグを抜くとき、必ずプラグを持って引き抜いていますか。
    ・ タコ足配線していませんか。
  • 電源コードを動かすと、通電したり、しなかったりする。

    電源コードの交換が必要となります。お問い合わせください。
  • その他の異常や故障がある。

必ずお守りください

  • 子供だけで使わせたり、乳幼児の手の届くところで使用しないでください。

    やけどをしたり、感電やけがをするおそれがあります。
  • 本体やプレートをガスコンロにかけないでください。

    本体が燃えたり、プレートが変形して使用できなくなります。
  • 異物や汚れは取り除いてください。

    プレート裏面や遮断板、ヒーター、感熱棒に異物や汚れがついたまま使用すると異常発熱し、テーブルがこげたり、故障の原因となります。また、遮断板の光沢がなくなってきたら、お買い上げの販売店にお問い合わせのうえ、早めに交換してください。
  • 本体ガード底部の排気口をふさがないでください。

    本体ガードの下に、新聞紙などの紙を敷いて使用したりすると、底部の排気口をふさぐことがあります。そのまま使用すると異常発熱し、故障・火災の原因になります。
  • 遮熱板およびプレートをセットされていない状態で使わないでください。

    本体の上に、直接ヒーターをセットして使うと、やけどや火災のおそれがあります。
  • ヒーター単体に無理に温度調節器の感熱棒を差し込まないでください。

    火災・やけど・テーブルがこげるおそれがあります。また、故障の原因にもなります。