アウトドア用品を安全にご利用いただくために

必ずお守りください

  • 乳幼児の手の届くところには置かないでください。またいたずらには十分ご注意ください。

    やけどのおそれがあります。
  • 中せんタイプのものに熱いものを入れた場合は、ボトルから直接飲まないで、必ずコップをご使用ください。

    やけどのおそれがあります。
  • 飲料物の保温、保冷以外に使用しないでください。

  • ベルトを持って振り回さないでください。人や物にあたると危険です。

  • ボトルの肩部分に熱いヤカンをあてないでください。

    転倒してやけどのおそれがあります。また、傷や変形の原因になります。
  • 中栓やキャップユニット、ふたなどにパッキンが正しく取りつけられているか確認してください。

    パッキンがなかったり、正しい位置にとりつけられていない場合、内容物が漏れ、他のものを汚すおそれがあります。
  • 倒したり、落としたり、ぶつけたり、強い衝撃を与えないでください。

    表面が凹み、保温効果が失われたり、もれるおそれがあります。また本体が傷つくと、錆びたりお手入れの際に塗装が剥がれたりすることがあります。また、上下方向の強い振動を与えた後、開栓すると振動により内圧が上がり、内容物が吹き出てやけどのおそれがあります。
  • ドライアイス、炭酸飲料などは入れないでください。

    内圧があがり、中せんが開かなかったり、内容物が吹き出たり、中せん、コップなどが破損して飛び散るおそれがあります。
  • 牛乳、乳飲料、果汁などは入れないでください。

    腐敗、変質の原因。また、そのまま長く放置した場合、腐敗、変質によりガスが発生し、本体の内圧が上がり、中せんが開かなかったり、内容物が吹き出たり、中せん、コップなどが破損して飛び散るおそれがあります。