まいにち、お湯と暮らしてる。

電気ケトルの製品一覧

わたしたちのまいにちに、なくてはならないお湯。
ホッとするひとときをもたらして、
日常を少し豊かにしてくれます。
そんなお湯がいつもそばにある、快適な暮らしをお届けします。

Electric Kettle

あんしんしかもスグ沸く

※下記の内容はPCJ-A081、PCJ-A101の機能です。

安心・安全

いつ使っても、
あんしんできる。

お湯を沸かしても蒸気が外に出ないって、すごい。
置き場所に悩まなくていいし、
万一のやけどの心配が少ないから、
子どもたちが遊びに来ても笑顔でいられる。
今度ママ友も呼んでお茶会でもしてみようかな。

安心・安全
蒸気レスでやけどをする心配が少ないから、安心して使える。

蒸気レスでやけどをする
心配が少ないから、
安心して使える。

小さなお子さんやペットは好奇心がいっぱい。ちょっと目を離したすきに、吹き出す蒸気や熱くなった電気ケトルに触ってしまうかも、電気ケトルを倒してしまうかもと、心配がたえませんね。でも蒸気の出ない電気ケトルなら、やけどの心配が少ないので安心。忙しいあなたのストレスも少し軽くなるのでは?

5つのあんしん設計 5つのあんしん設計

  • 熱くならないけど、気をつけようね。
    熱くならないけど、気をつけようね。
  • 忙しい朝に大活躍。
    忙しい朝に大活躍。
  • インテリアにもなじむオシャレなデザイン。
    インテリアにもなじむオシャレなデザイン。

使い勝手

はやいって、
使いやすいね。

子どものお弁当に、家族みんなの朝食。
コンロもレンジもフル稼働でお料理して、
それでも時間が足りない朝は、
約45秒※1でお湯が沸くケトルが本当に頼りになる。

※1 水温・室温23度。カップ1杯分約140mLの沸とう時間。

使い勝手
業界No.1スピード沸とうが、忙しい生活シーンを変える。

業界No.1※2スピード沸とうが、
忙しい生活シーンを変える。 ※2(2017年8月8日現在。家庭用電気ケトルにおいて)

カップ1杯分(約140mL)がたった約45秒のスピード沸とう。今までよりも早くお湯が沸くので、あなたが急がなくてもムリなく時短。待ち時間が少なくなって、朝の支度や急な来客対応。時間に余裕ができますね。

  • ほんの数秒でも貴重な朝。
    ほんの数秒でも貴重な朝。
  • 忙しくても朝食には温かい飲み物を。
    忙しくても朝食には温かい飲み物を。

しかも

給水やお手入れもらくらく。
『ワンタッチ着脱ふた』

ワンタッチで簡単にふたがはずせるので、給水やお手入れがらくにできます。

ワンタッチ着脱ふた

経済的

サッと沸かして、
節約上手。

わたしの自慢は帰宅して30分で夕食がつくれること。
時短料理の強い味方は、節電しながら
高速でお湯を沸かす電気ケトル。
時間も手間も省くけど、手抜きじゃないからおいしいの。
さあ、たくさんめしあがれ。

経済的
早く沸く分、電力も抑える。

早く沸く分、電力も抑える。

素早く沸かして、沸とうしたらすぐにOFF。ムダな加熱を防ぐことで、消費電力を約22%カット※3することに成功しました。
さらに、湯わかし後1時間以内は約78度※4で保温されるから家族の食事時間がずれても安心。
今までと同じように使っても、今までより節電できるということ。無理しないで節電できると、気持ちがラクになりますね。

※4 PCJ-A101の場合

タイガー魔法瓶「電気ケトル」湯わかし1時間後の保温温度(満了時) タイガー魔法瓶「電気ケトル」湯わかし1時間後の保温温度(満了時)

  • ※3 PCH-G型およびPCJ-A型(約16.2Wh)と当社従来品PCH-A型(2012年製約20.7Wh)との比較。水温・室温23度。カップ1杯分約140mL(自社測定法)新電力料金目安単価27円/kWh(税込)で計算。
  • ※5 室温23度。満量で測定(自社測定法)
  • 1杯のくつろぎを、何度でもどうぞ。
    1杯のくつろぎを、何度でもどうぞ。
  • しめのお茶漬けもさっと食べられる
    しめのお茶漬けもさっと食べられる

One day

  • 6:00
    6:00の様子

    電気ケトルでお湯を沸かすことからはじまる1日。スープカップを使ってのお弁当の準備もらくらく。

  • 7:30
    7:30の様子

    忙しい朝のキッチン仕事を、 火を使わない電気ケトルが助けてくれる。

  • 8:00
    8:00の様子

    電気ケトルで沸かしたお湯で、朝の温かい飲み物を用意。

  • 8:30
    8:30の様子

    出勤前にサッと入れたコーヒーで、エンジンをかける。

  • 19:00
    19:00の様子

    湯引きに湯むき・・・お料理の下ごしらえも電気ケトルのお湯で手軽に。

  • 20:00
    20:00の様子

    食後のお茶で、団らんのひととき。

  • 21:00
    21:00の様子

    子どもたちを寝かせた後のハーブティーで、ホッと一息。

  • 休日
    休日の様子

    休日の朝ごはんは夫と子どもが担当。やけどの心配が少ないから安心。

電気ケトルの製品一覧はこちら


一覧へ