TIGER

使い方・お手入れ方法

炊飯器の使い方 お手入れ#01 毎日洗う部品のお手入れ方法

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • lineでシェア

「炊飯器って毎日洗うの?」というお問い合わせを時々いただきますが「必ずその日のうちにお手入れを」とお伝えしています。少し面倒かもしれませんが、いつまでも清潔にご使用いただくために、より美味しいごはんを召し上がっていただくために、ぜひまめにお手入れしてくださいね。
「そうは言っても、どの部品が外せて、どこまで洗えばいいのかわからない」という方も多いかもしれませんので、炊飯器のお手入れの仕方をご紹介いたします。
第1回は「毎回洗う部品のお手入れ方法」です。


土鍋圧力IH炊飯ジャーの場合(JPG-S100)




圧力IH炊飯ジャーの場合(JPC-G100)




お手入れの前に


・感電防止のために、差込プラグは抜いておきましょう。
・炊飯器本体や内なべが冷めていることを確認。
・内ぶた、スチームキャップをはずします。


毎回洗う部品

土鍋圧力IH炊飯ジャー(JPG-S100の例)


毎回洗う部品JPG-Sの画像





圧力IH炊飯ジャー(JPC-G100の例)


毎回洗う部品JPCの画像



NG!

  • 食器洗浄器や食器乾燥器は使えません
  • 部品が変形することがあります。

  • スポンジの研磨粒子部分で洗えません
  • 内なべのフッ素加工面、内ぶたの塗料がはがれる原因になります。

  • 内ぶたやキャップふたのパッキンははずさないでください
  • 蒸気もれ、外ぶたが開かない、などの原因となる恐れがあるため、修理が必要になります。

パッキンがはずれた場合は、当ページ内の「お客様ご相談窓口」にご連絡ください。

製品・部品に関するお問い合わせはこちら>>


洗い方 ※詳しくは動画をご確認ください


・内なべ

・内ぶた

・中ぶた(JPG-Sのみ)

・スチームキャップ

やわらかいスポンジや布を使ってよく洗い、すすぎます。


・調圧孔・調圧ボール


流水でよく洗い流します。


・安全弁


安全弁を2~3回押して詰まりがないかどうかを確認してから、流水で洗い流します。

洗った後はすぐに水分を拭き取り、十分に乾燥させましょう。




さらに詳しく知りたい時

取扱説明書の「お手入れする」も、合わせてご確認ください。

炊飯ジャーの取扱説明書はこちら>>

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • lineでシェア