TIGER

使い方・お手入れ方法

炊飯器の使い方 お手入れ#02 水洗いできない部分のお手入れ方法

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • lineでシェア

第1回では、毎回洗う部品のお手入れの仕方をご紹介しましたが、炊飯器本体の外側や裏側などの水洗いができない部分も、使い続けているうちに汚れがたまってしまうので、定期的にお手入れしましょう。ほこりが付いた状態で使い続けると、炊飯器本体の温度が上がり、故障や火災の原因になることがあります。
第2回は「水洗いできない部分のお手入れ方法」をご紹介します。

土鍋圧力IH炊飯ジャーの場合




圧力IH炊飯ジャーの場合





本体外側のお手入れ


お手入れは炊飯器が冷めてから行いましょう。感電防止のために、電源コードを抜いてから、差し込みプラグと電源コードを乾いた布で拭きます。本体外側は水でぬらして固くしぼったやわらかい布で拭き取ります。


本体裏側のお手入れ

①綿棒などで吸気孔・排気孔のほこりを取ります。
②乾いた布で拭きます。


本体内側のお手入れ

水でぬらして固くしぼったやわらかい布で拭き取ります。



さらに詳しく知りたい時

取扱説明書の「お手入れする」の項目も、合わせてご確認ください。

炊飯ジャーの取扱説明書はこちら>>


  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • lineでシェア