TIGER

素朴なギモン

お米一合は何g?何cc?何kcal? 「米一合」を徹底解説

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • lineでシェア

米1合

私たち日本人の主食であるお米。いつも当たり前のように炊飯しているかと思いますが、お米を量る「合(ごう)」という単位についてじっくり考えたことのある方は少ないかもしれません。今回はそんなお米の単位に関する、知っておいて損はない豆知識ならぬ"米知識"を解説していきます!

米1合(炊飯前)の重さ

米

お米を量る単位として「合」が一般的となったのは、石高制が確立された江戸時代。その後、「g(グラム)」や「cc(シーシー)」など、1959(昭和34)年の計量法改正により公取引においては国際単位の使用が義務づけられたものの、生活の中に根付いた「合」は、私たちの暮らしにおいて今なお身近な単位です。では、1合はgやccに当てはめると、実際にはどのくらいの分量なのでしょうか?

米1合の重さ

炊飯前のお米1合分をgに換算すると、その重さは約150gとなります。しかし、実は条件などによっては多少の誤差が生じることはあまり知られていません。たとえば、お米の品種や状態(玄米や胚芽米、新米や古米など)、さらには水分の含有量によっても多少の差異があります。

米1合は何ml(cc)

体積を表すml(またはcc)に換算すると、1合は約180ml(cc)。日本には180mlと200mlの計量カップが存在しますが、180mlカップは、まさにお米1合の計量のために生み出された調理器具なのです。

米1合は何人分に相当するか

中サイズのご飯茶碗に、炊き上がったお米を普通盛りでよそえば約0.4合分。つまり、お米1合で2人分のご飯を炊くことができます。しかし、育ち盛りの子どもやたくさん食べる人ならば1人で1合分をペロリ、逆に少食の人なら0.4合でも多いと感じるということもあるでしょう。

米1合の測り方

180mlカップはお米専用の計量器具で、大抵の場合は炊飯器に付属されています。カップいっぱいにお米をすくい上げ、上部の盛り上がっている部分を表面に沿って箸などで水平にならすと「すりきり1杯」のできあがり。これが、正式なお米1合分です。

米1合の重さは変動する(炊飯前後)

ご飯

カップで計量したお米1合は約150gと前述しましたが、炊く前と炊き上がり後では、見た目でも一粒一粒の変化が分かるとおり、その重さも変動します。炊飯の過程に沿って見ていきましょう。

浸水後(1時間)の重さ

お米を水に浸すことで、お米1合の重さは約200gとなります。水を吸った結果、浸水前の約1.33倍の重さになるわけです。ただしこれはお米の品種や状態、環境によっても多少変化します。

炊き上がりの重さ

お米1合は、炊き上がりの時点で300~350gとなります。炊飯前に比べ実に約2~2.3倍もの数値です。なお、お米の品種や状態(古米 or 新米)、さらには水の硬度や気温などによっても、わずかではありますが差異が生じます。

米1合で気になること(豆知識)

米1合枡

炊く時に必要な水の量(洗米/無洗米/新米/玄米)

研ぎが終わり水分をしっかり切った状態の「洗米」ならば、1合に対して1.1~1.2倍の約200ml程度、研ぐ手間のない「無洗米」ならやや多めに1.2~1.3倍の約220ml程度が適切です。さらに、健康志向ブームで消費量が増えている「玄米」は1.5~2倍の約270~300ml程度が適切となります。
(いずれも炊飯器に専用の目盛りやメニューがある場合はそちらを優先してください)

「新米を炊く時には水を少なめに」と考える人はきっと多いはず。しかし、現在お米の流通時には、新米も古米も保存に適した同一の水分量で管理されており、あまり神経質になる必要はないのだとか。
ただ、わずかではあるものの新米のほうが水分を多く含んでいるため、まずはいつも通り炊いてみて見極めるのが一番。それで柔らかいようであれば、10mlほど減らしてみるなど、自身で加減してみましょう。

米1合のカロリー/糖質/栄養

米1合分のカロリーは約537kcal、成分は炭水化物約116.4g、たんぱく質約9g、脂質約1gとなっています。(ちなみに、お茶碗1杯分のご飯のカロリーは約252kcal、成分は炭水化物約56g、たんぱく質約4g、脂質約1gです)
日本人にとってお米はエネルギーの源といえるもの。健康管理やダイエットにおいて、そのカロリーや糖質をきちんと把握しておくことも大切です。
※11/28更新:米一合とお茶碗1杯が混在していたため整理して修正いたしました。

計量カップがない時の対処法

まず代用品としてオススメなのは「紙コップ」。普通サイズは200mlに設定されているため、目測でおよその計量が可能です。手持ちのマグカップでも容量が分かっていれば、目測で代用が可能。なお、1合という量にこだわらないのであれば、紙コップでもマグカップでも、すりきり1杯のお米に対して、カップ1杯と1~2割分の水を注げばOKです。

お米1合は何粒くらい?

「ムシヤフナ=64827」という言葉を聞いたことはありますか?
これは、江戸時代より伝わるとされる、一升(10合)分の米粒の数を示す語呂合わせです。つまり1合の米粒はその1/10の、約6500粒ということになります。

米1kg・一升・一袋・一俵・一石は何合分?

1合が約150gですから、「1kg=1000g」で「1000÷150=6.66...」、すなわち「1kg=約6.7合」となります。また、よく耳にする「米一俵」は約60kgで、合に換算するなら「60000÷150=約400合」となります。ちなみに「一升=10合」「一袋(お米屋さんなどに積んである大きな紙袋)=約30kg=約200合」「一石(江戸時代に使われた単位)=1000合」です。
※11/28更新:桁に誤りがありましたので修正いたしました。

レトルト製品のご飯(200g)は何合分?

非常食としても重宝されるレトルト製品のご飯は、200gサイズが定番品として人気です。すでに炊き上がったお米が真空パックされていますので、1合約300gとすると、約0.6合分ということになります。

一合枡はきちっと1合測定できる?

一合枡ならば当然その量は1合分になります。ただし、四隅が直角なのでお米をすくい上げた際に隙間ができやすいため、枡全体をゆするなどして、お米同士、そしてお米と枡との隙間を極力解消しつつ量るようにしましょう。

お酒(日本酒)の1合とは単位が違う?

お酒1合分は180ml、つまり「180cc」「180g」となります。お米が150gですから、一見別々の単位のようにも思えますが、まったく同じ容積の「合」。カップにすくったお米には隙間がありますよね。それが約30gというわけです。

「合」について理解し美味しいお米を

普段何気なく使っている「合」ですが、実は長い間、日本人とともに歩んできた歴史ある単位。そんな歴史に思いを馳せつつ、今回ご紹介した計量方法などを参考にして、美味しいお米生活を楽しんでみてくださいね。

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • lineでシェア