ナビを開く

炊飯器やごはんの豆知識 炊飯器やごはんの豆知識

  • twitter
  • instagram
  • facebook

炊飯器の上位機種と下位機種、何が違うの?

家電量販店やインターネットショップで炊飯器をみてみると、安いものは1万円以下、高価なものでは10万円以上と、価格帯にはかなり幅があります。1番の売れ筋は、3~5人家族で使うのに最適な3~4万円程度の5.5合炊きモデルで、これは一般家庭で1日1回ごはんを炊くのにちょうどいいサイズです。この価格帯の炊飯器には、炊飯・保温の他に炊きわけなどのさまざまな便利な機能がついているため、ニーズに応じて便利に使えます。

一方で、1人暮らしの人やごはんをあまり炊かない人には、コンパクトな3合炊きも人気です。少量炊きをするときは、大きい炊飯器よりも小さい炊飯器のほうがコスパよく使えるというメリットがあります。

また、おいしく炊けることを追求する人、多機能かつ高性能な炊飯器を求める人、家族の人数が多く一度にたくさんのごはんを炊く人などには、5万円以上の上位機種も人気です。

上記を踏まえて、ここでは家庭用炊飯器の相場について詳しくご紹介します。

炊飯器の画像

炊飯器の価格の差はどこにあるのでしょうか?

質問

炊飯器には種類や価格、機能によって、様々な機種がありますが、上位機種と下位機種の違いはどこで見分けたらよいでしょうか?

お答えします!

炊飯器の上位機種と下位機種の違いを見るポイントは、大きく3つあります。

1.加熱方式
圧力IH方式IH方式マイコン方式の3種類があります。

・圧力IH方式
圧力で沸点を高めて短時間で炊き上げる圧力炊飯とIHの加熱を組み合わせた方式。高性能かつ保温性に優れているので、上位機種に多く見られます。お米の芯まで水分が浸透するため、ご飯が冷えても比較的もちもちのご飯が味わえます。

IHとは「Induction Heating」の略で、電磁誘導の原理を利用する加熱方式です。圧力をかけることによって100度以上での炊飯が可能で、お米の一粒ひと粒に芯まで熱が伝わります。高火力で一気に炊くことでお米に含まれるでんぷんが柔らかくやわらかくなり、水の量が少なめでも甘みと粘りの強いもっちりとしたごはんになります。

この圧力IH方式の究極の形ともいえるのが、内なべに本土鍋を使用した「土鍋圧力IH方式」です。本土鍋による高い遠赤外線効果とIHの高火力、圧力の3要素が相乗効果を生み、お米が秘める本来のおいしさを十二分に引き出します。

・IH方式
電気を使った加熱方式。釜全体が発熱してムラなく熱が伝えられるので、お米の一粒ひと粒にしっかり熱を伝えることができ、均一にご飯を炊くことができます。
圧力を使わないぶん、シャキッとかためでほどよい甘さのあるごはんが炊けます。

・マイコン方式
ヒーターが釜の底についており、その熱が釜に伝わって炊飯する方式です。釜全体が発熱するIH炊飯器に比べると熱の伝わり方は弱く、底部と上部で温度のムラが生じやすいことがあります。本体価格は比較的安価なので、下位機種で取り入れられることが多いです。
IHに比べると火力が低いことから、少量炊きに向いています。

2.内釜
内釜の種類も、金属金属以外の2種類に分けられます。内釜の材質や形状によって、熱が伝わる早さや熱のムラ、保温効果が変わります。

・金属
金属製の内釜は、熱をすばやく伝えられる特性があるので、早く効率良くごはんを炊くことができます。代表的な金属釜には、鉄やステンレス、アルミ、銅などがあります。鉄を使った釜は発熱性の高さ、銅を使った釜は熱伝導率に優れていることが特徴です。ただし、炊飯器の電源をオフにすると、内釜の温度が瞬時に下がるデメリットがあります。 タイガーの炊飯器には、こうした金属釜の弱点を解消するために土鍋と同じ素材の粉末を吹き付ける「土鍋コーティング」を施すことで、土鍋の蓄熱性や遠赤効果の特性に近づけたモデルもあります。

金属の中でも銅は熱伝導率が高く、遠赤外線効果にもすぐれているのが特徴です。ムラなく熱を伝えられるため、多層釜(さまざまな種類の金属を何層にも重ねて作る釜)の内部やコーティングによく使われています。お米の甘みや旨みを引き出すためには、釜全体に効率よく熱を伝え、お米を包むように炊くことが大切です。

・金属以外
土鍋や炭など自然素材を活かしたものが多いです。特に、土鍋は遠赤外線効果によって、お米の内部までしっかり熱を伝えられます。内釜に土鍋を採用したタイガーの最上位機種なら、最高280℃までなべ底の温度を上げることができるので、お米の一粒ひと粒の甘味とうま味を引き出しながら、ふっくら美味しく炊きあげます。 また、蓄熱性の高さもポイントです。電源をオフにしても沸騰状態が続くので釜内部の温度が下がりにくいメリットがあります。

土鍋は蓄熱性が高いぶん保温も得意。保温中の電気代の節約になる点も見逃せません。熱伝導率でいえば金属の100分の1から300分の1で、温度の変化がゆっくりです。つまり一度熱を持つと冷めにくく、中のお米にもじっくり時間をかけて熱を伝えます。こういった特性がお米本来の甘みや粘り、ツヤを引き出し、「ふっくら」「もちもち」の食感を生み出すのです。おこげも楽しめるうえ、コストパフォーマンスにもすぐれています。

炭素でできた炭釜は、熱伝導率と遠赤外線効果の両方が高いのが特徴です。素材である炭素そのものが発熱するため、釜全体で包み込むようにお米を炊きあげます。価格も抑えめであるものの、炊飯時間はやや長めで、保温のときに水分が飛んでしまう点には注意しておきましょう。さらに本炭窯は、金属釜よりもかなり強度が低く衝撃に弱いため、慎重に扱う必要があります。

3.機能
高機能な炊飯器は、白米を炊く以外にも使えます。

・ごはんの炊きわけ
上位機種には、ごはんのやわらかさや粘りなどを設定できる機能や、お米の銘柄別に最適な炊き方をする機能がついています。こういった機種では、炊飯器にお任せでお米の持ち味を最大限に引き出すことが可能です。また、通常の白米のほか、玄米、おこわ、赤飯、麦めし、おかゆなども炊飯調理でき、ごはんのバリエーションを楽しめます。

・おかずの調理
調理機能を備えた機種では、煮物やスープ、パン、ケーキなどのスイーツを手軽につくることができます。中にはごはんを炊きながら同時におかずが調理できる便利なタイプも。ごはんを炊くだけではなく、マルチクッカーやホームベーカリーとしても使える「1台3役」のすぐれものです。

・少量炊き
5合炊き、5.5合炊きといった大きめの炊飯器で少量のごはんをおいしく炊くのは、実は簡単ではありません。内釜の空間が広くなってしまうと、お米に熱をうまく伝えられないからです。これを解消するために、タイガーの上位機種には少量炊きでもおいしく炊ける機能を搭載しました。土鍋圧力IH方式の「JPL-A100」(2020年度発売)に搭載された「一合料亭炊き」では、専用の内ふたを使用することによって炊飯空間を最適化し、0.5合から土鍋炊きごはんの香り高いおいしさを味わえます。
「一合料亭炊き」について詳しくはこちら↓
https://www.tiger.jp/product/ricecooker/JPL-A/cook.html
また圧力IH式の「JPI-A」シリーズ(2020年度発売)では、独自のノウハウを生かした「少量旨火炊き」機能によって、お米の旨みを引き出す少量炊きができるようになりました。「JPI-A100」は0.5合から、「JPI-A180」は2合からの炊飯が可能です。
「少量旨火炊き」について詳しくはこちら↓
https://www.tiger.jp/product/ricecooker/JPI-A.html

・モーションセンサー
タイガーの炊飯器には、人の動きを温度で感知し、自動でタッチパネルにメニューを表示する機能がついているものもあります。普段はメニューが表示されないため、見た目がスタイリッシュで置く場所を選びません。

価格別の炊飯器の選び方

「とにかく安さを重視」なら、シンプルなマイコン式の炊飯器がベストです。1万円以下で買える機種も少なくありません。マイコン式はIH式よりも火力が低いため、どちらかといえば3合未満の少量炊きに向いています。

「なるべくおいしいごはんを食べたいけれど価格も重要」という方は、2万円から4万円程度のIH方式が選択肢に入ってくるでしょう。ラインナップも豊富なので、機種ごとの機能や仕様をよく比較して選ぶ必要があります。

「何よりもごはんのおいしさにこだわりたい」と思うなら、5万円以上の上位機種をチェックしましょう。この価格帯の機種はほとんどが圧力IH方式で、ふっくらとした甘みのあるごはんが炊けます。機能も多彩で、好みや銘柄に応じた「炊きわけ」や「調理」が可能なものも。内釜に特殊な加工がされているものも多く、本物の土鍋を使った土鍋圧力IH式なら、つやつやでふっくらとした旨みたっぷりのごはんを炊くことができます。

価格帯別・おすすめの炊飯器を紹介!

タイガーのラインナップから、おすすめの炊飯器を価格帯別にご紹介します。

【3万円以下のリーズナブルな機種】
まずは価格重視のリーズナブルな2機種です。

・マイコンジャー炊飯器〈炊きたて〉JAJ-G550
マイコン方式で3合炊きの小さめサイズに、丸みを帯びたキュービックデザインが特徴の機種です。ナチュラルホワイト・コーラルピンク・アッシュグレーと、従来の炊飯器のイメージにはないカラーバリエーションで展開しているので、家電のデザインにこだわりたい人にもおすすめ。ワンルームマンションなどで炊飯器を部屋に置かなくてはいけない場合でも、インテリアによくなじみます。

シンプルでかわいいだけではなく、機能も特徴的です。専用のクッキングプレートを使えば、炊飯と同時におかずの調理が可能で、材料を入れて放っておくだけで食事の用意ができます。勉強に忙しい大学生や仕事で遅くなりがちな社会人にぴったりの、かわいい実力派です。

・マイコンジャー炊飯器〈炊きたて〉JBH-G102
大家族のごはんを1度に炊ける、5.5合炊きサイズのマイコン式炊飯器です。特徴は厚さ1.7mmの黒遠赤厚釜。遠赤外線効果で炊きムラを抑え、マイコン式ながらふっくらとしたおいしいごはんを炊くことができます。白米炊飯のほか、電気代と蒸気の量を抑えられる「エコ炊きメニュー」、炊飯時間を短縮できる「早炊き」といった、あるとうれしい機能を搭載。炊込みごはんやおかゆの調理にも対応しています。

また、おかずを作れる「調理メニュー」を選択すれば、ビーフシチューやおでんの調理も可能です。シンプル派も納得の、機能と価格の両面で満足できる1台です。

【3~5万円の主力機種】
次に、機能と価格のバランスがとれた売れ筋機種をご紹介します。

・IHジャー炊飯器〈炊きたて〉 JKT-L100
ファミリー向け5.5合炊きのIH方式炊飯器で、ごはんとおかずを同時に調理するためのクッキングプレートが付属しています。内なべにお米と水を入れ、その上に具材を載せたクッキングプレートをセットして炊飯キーを押すだけで、両方を同時に調理できます。家事の手間が省けるうえ省エネにもなる、一石二鳥の機能です。

内なべは土鍋コーティングを施した3層遠赤釜で、釜の外側にも熱を蓄えることにより、IHの高火力が生み出す熱をより効率的に行き渡らせます。土鍋で炊いたごはんのおいしさに迫る、ふっくらとした炊きあがりが魅力で、毎日の食事がより楽しいものに。時間がないときに役立つ「早炊き」のほか、少ない量を最速で炊く「少量高速」、冷凍してもおいしさを損ねない「冷凍ごはん」メニューといった便利機能も搭載されています。

・圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉ご泡火炊き JPI-A100
2020年発売の、圧力IH方式炊飯器です。5.5合炊きという大容量でありながら、「少量旨火炊き」機能により0.5合という少量でもふっくらおいしく炊きあげます。内なべの内側には遠赤土鍋コーティング、外側にはかまどコーティングと土鍋蓄熱コーティングが施されていることで、高い遠赤効果と蓄熱性を実現しています。IHの火力をすばやく釜全体に伝えることができ、お米を芯から加熱しておいしさを引き出します。

機能も多彩で、和食によく合うふっくらごはんも、カレーやお寿司によく合うかためのごはんも、メニューを選ぶだけで簡単に炊くことができます。ミドルレンジモデルでありつつ、土鍋炊きのおいしさに迫るごはんを味わえる機種です。

【5万円以上の上位機種】
最後に、販売価格5万円以上の上位機種をご紹介します。

・土鍋圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉 JPH-G100
5.5合炊きの土鍋圧力IH方式の炊飯器です。内なべに蓄熱性の高い本物の土鍋を採用した機種で、約250度という高火力とやさしい泡立ちでごはんを炊く「土鍋ご泡火炊き」が大きな特徴です。金属鍋ではたどり着けない高温と、金属鍋の4倍もある遠赤外線効果が、お米のひと粒ひと粒をじっくりと加熱。お米本来の味を引き出しつつ、内なべの底から沸き立つ細かな泡がお米の表面を守り、旨みを閉じ込めます。

さらに炊きあげ中と炊きあげ後で内部の圧力を変化させることで、お米の粘りを引き出しつつべたつきを抑え、もちもちとした食感に仕あげます。炊きあがりを「しゃっきり」「標準」「もっちり」の3段階から選べる炊きわけ機能もあり、こだわり派にぴったりです。

土鍋圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉ご泡火炊き JPL-A100
5.5合炊きの土鍋圧力IH方式の炊飯器で、タイガーが50年かけて積み重ねたノウハウをすべて注ぎ込んだ逸品です。お米の旨みを余すことなく閉じ込める炊飯技術「土鍋ご泡火炊き」に加え、多段階圧力と水分コントロールでごはんにハリと弾力を与える「丹精仕上げ」を新搭載。お米の旨みと甘み、輝くようなハリとツヤ、ふっくらもちもちの食感のすべてを兼ね備えたごはんを家庭で味わえます。

「一合料亭炊き」で0.5合から炊飯できるうえに、50種類にもわたるお米の銘柄別データがインプットされ、銘柄の特徴に合わせた炊きわけが可能になりました。ごはんのおいしさをとことん追求したいこだわり派にぴったりの1台です。

※こちらの記事もチェック!
炊飯器の選び方。数千円~10万円超えまで、結局何が違うの?(最新版)#1 >>
炊飯器の選び方。数千円~10万円超えまで、結局何が違うの?(最新版)#2 >>

ちょっと余談

どの機種でも、ごはんは炊きたてが一番美味しいもの。でも、冷やごはんやレンジで解凍した状態でも美味しく食べたいですよね。味にこだわって炊き上げる上位機種の方が、冷めたごはんでも美味しく味わえますが、中位機種の炊飯器でも、冷凍ごはんでも美味しさを保つ機能が搭載されていれば、炊きたてに近い状態になります。夕飯を手早く作ることやお弁当が多い人は、機能をチェックすることもおすすめです。

回答者:ミスター開発のイラスト 回答者:ミスター開発