炊きたて土鍋ごはん

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

土と火と水と。 自然と、やさしい。自然に、おいしい。

肥えた土と清らかな水が育んだ、自然の恵み。
生きているお米には、有機物でできた土鍋がよく合う。
選りすぐりの水に浸して、さあ、スイッチオン。
土が熱を溜め込んで、強い火力で炊きあげる。
するとほら、香ばしい匂いが漂ってきました。
つやっとした表情、ふっくらやわらかい食感、やさしい甘み。
これぞ、お米本来の濃厚な味わいだったのです。
「ごはんがこんなにおいしかったなんて」
きっとそう感じさせてくれる、タイガーの「本土鍋」です。

土と暮らす。土で炊くごはんは、自然のぬくもりに満ちている。

お米と暮らしを脈々とつないできた土。
そんな土で炊くごはんのやさしさや温かさは、
毎日の食卓を
ずっと豊かにしてくれると思うのです。

火と生きる。 火かげんが米を生かし、濃厚なおいしさが生まれる。

「はじめチョロチョロ、なかパッパ」
熱をたくわえる本土鍋は、
“おいしいごはんの炊き方”と相性がいい。
ゆっくりと、じっくりと、お米の持ち味を引き出していきます。

水と育てる。 しっかり吸水したごはんは、湯気までうまい。

かつての稲と水が、本土鍋のなかでふたたび出会う。
細かな泡立ちが
お米の香りと甘みを生かして、
ごはんをもっとおいしく炊きあげてくれるのです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

一覧へ