ナビを開く

炊飯器の選び方 炊飯器の選び方

  • twitter
  • instagram
  • facebook

土鍋ごはんを食卓に!美味しくごはんが炊ける炊飯器と土鍋の選び方

土鍋でごはんを炊くと、いつものごはんがますます美味しくなります。これに勝るメリットはありませんが、重い、慣れるまで時間がかかる、といったデメリットも。そんなデメリットを克服したのが、土鍋の炊きあがりを実現した炊飯器です。土鍋と炊飯器それぞれの特徴をおさえて、ライフスタイルにあったものを手に入れましょう。

#土鍋ごはんが美味しい理由

土鍋を使ってお米を炊くと、なぜ美味しいごはんになるのでしょうか。ヒントは、土鍋ならではの「ゆるやかな加熱」と「蓄熱性」にありました。

##じわじわと温度が上がる土鍋

一般的に、土鍋の熱伝導率は金属の約100分の1から300分の1ほどと言われます。そのため土鍋は金属製の鍋と比べて温度上昇がゆるやか。そしてこの沸騰するまでじわじわと時間がかかる特性こそが、お米の甘みやうま味をグッと引き出す秘訣です。

お米にはアミラーゼというでんぷんを分解する酵素が含まれています。お米の甘みは、でんぷんが糖に分解されることにより引き出されます(糖化)。そして、このアミラーゼが最も活発に働く温度帯は40?50度。つまり、お米は炊き始めのまだ温度が上がりきっていないときに、でんぷんが糖化されていくので、ゆっくり昇温する土鍋は、アミラーゼが働く時間が長く美味しいごはんが炊けるのです。

おいしいご飯を炊くコツ、「はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いてもふた取るな」という言葉をご存知でしょうか?これは釜でごはんを炊くときのコツを歌にしたものです。「はじめチョロチョロ」とは、そう、低い温度でアミラーゼを活性化させる予備炊きのこと!この絶妙な火加減が、熱伝導性の低い土鍋なら簡単にできるのです。

##一度上がった温度は下がりにくい土鍋

土鍋は蓄熱性に優れ、一度温度が下がりにくい特徴もあります。米を炊くとき、沸騰後は98度以上で加熱し続けることが重要です。歌の続きの「中パッパ」とは、釜から吹きこぼれるほどの高温で炊くことを表しています。熱が冷めにくい土鍋は、火を弱めても鍋の中全体で高温をキープ。そのため、一粒一粒にしっかり火が通り炊きムラがありません。

火を止めた後は、十分に蒸らしの時間を取ります。これが最後の「赤子泣いてもふた取るな」の部分。火を消した直後は米の表面に水分が多く残っています。蒸らしとは、この水分を米の内部まで浸透させる工程です。十分に蒸らすことで、水分が均一に行き渡ります。

土鍋は火から下ろしたあともすぐに冷めません。蒸らしている間もじわじわと加熱されるため、水分が浸透すると同時に鍋に残った余計な水分を飛ばし、ふっくらと美味しいごはんにしてくれます。

#土鍋ごはんの炊き方

とはいえ「土鍋でごはんを炊くのは難しそう」と思っていませんか?
大切なのはおいしいごはんを食べたいという想いとお米への愛情だと思います!
本当は一度コツを覚えてしまえば、美味しい土鍋ごはんを炊くのは簡単。失敗しない土鍋ごはんの炊き方と注意点について紹介します。おうちに土鍋があったら、ぜひ今日のごはんを一度土鍋で炊いてみてください!

##浸水時間を取る

土鍋でごはんを炊く場合、米にしっかり吸水させる時間が必要。十分に吸水すると米の中まで熱が通りやすくなります。反対に水に浸しておく時間が足りないと、炊きあがった米に芯が残ってしまうことも。

水温や室内温度によって浸水時間も変わります。できれば夏場は30分、冬場は1時間~1時間半を目安にしてください。米がグングン水を吸うのは最初の30分。飽和状態になるまでは約2時間です。これ以上浸水させると、でんぷんが水分に溶けだしてごはんのうま味を損ねてしまいます。覚えておいてください。

##沸騰するまで中火にかける

土鍋炊飯では、始めから中火、もしくは強火で加熱していきます。米の量や鍋の大きさにより調節が必要ですが、火加減のポイントは、加熱を始めてから10分くらいで沸騰させるようにすること。沸騰までの時間が短ければ十分に甘味が引き出されず、反対に時間が長すぎればでんぷんが溶けだしてベタついてしまいます。

慣れてくると、蒸気を逃がすふたの穴から湯気が出たら沸騰のサインだと分かります。慣れないうちはふたを取って状態を確認してもOKです。ただし、沸騰以降はふたを取ってはいけません。沸騰後は弱火にして15分加熱を続けましょう。

##蒸らしをしてふっくらつやつやのごはんに

15分経ったら、ふたを取ってごはんの状態をチェック。フツフツしてまだ水分が残っているようなら、様子を見て1~2分弱火にかけましょう。その後、火を止めて、ふたをしたまま蒸らしに入ります。

蒸らしの時間は10分が目安。この間にさらに水分を吸い込んでごはんがふっくらとします。蒸らしたあとはしゃもじで表面に十字の切込みを入れ、底から返すように全体を混ぜて米粒をほぐしましょう。米表面から余分な水分が抜けて、もちもちのごはんのできあがりです!

#ライフスタイルに合わせて選びたい炊飯用土鍋

土鍋を選ぶポイントはいくつかありますが、まずはサイズと熱源をチェックするとよいでしょう。

##サイズ

通常土鍋は号数でサイズが示されますが、炊飯専用の土鍋は、何合炊きができるかでサイズが明記されているものがほとんどです。お茶碗に軽く1杯ごはんを盛ると150g。1合分(150g)のお米からは約340gのごはんが炊きあがるため、大人2人の1回の食事であれば1合炊きの土鍋があれば十分でしょう。

この計算でいくと2合炊きなら680gのごはん(約4人分)、3合炊きなら1,020gのごはん(約6人分)が炊けます。ただし、成人男性や食べ盛りの成長期の子どもなどは1回の食事でもっとごはんが必要な場合も。家族構成に合わせて適したサイズの土鍋を選べるといいですね。

「丼ものも作りたい」「毎回炊くのではなく一度にまとめて炊きたい」など普段どんなふうに食事を作っているかでも選ぶ土鍋のサイズは変わってきます。炊飯用土鍋は厚手で重いものが多いので、あまり大きいと使い勝手が悪くなることも。収納場所なども考慮し、ベストなサイズの土鍋を選びましょう。

##使える熱源

フライパンや金属鍋など他の調理器具と同様に、土鍋でも商品によって使用可能な熱源が異なります。主な熱源は「ガスコンロ」「IHコンロ」「電子レンジ」です。

ガス・IH両方で使えるものや、ガス・レンジで使えるものなど、複数の熱源が使える土鍋もあります。ご家庭のキッチンの熱源に合ったものを選びましょう。

#使い勝手の良さを追求したら炊飯器タイプもおすすめ

美味しいごはんが炊けるけれど扱い方にコツがいる土鍋。空焚きや洗剤水の浸け置きはNG、収納前に完全に乾燥させるなど、いろいろと注意点があります。もっと手軽に土鍋ごはんが食べたい!という方には、土鍋タイプの内なべを使った炊飯器がおすすめです。

##炊飯器のメリット

炊飯器なら火加減や時間管理の必要がなく、放っておいても大丈夫。多彩な炊飯プログラムが搭載されていて、炊き加減を簡単に調整できるのも嬉しいポイントです。まとめて炊いたあと保温しておくことも可能なので、食べる時間がバラバラでもいつでも温かいごはんが食べられます。

お手入れも、土鍋に比べてラク。土鍋は購入後に下準備として目止めをしてヒビ割れを防ぐ必要があります。また、カビの発生を防ぐため、収納する前に風通しのよい場所でしっかり乾燥させなければいけません。その点、炊飯器用の土鍋はこの点が工夫されており、パっと洗ってサっと拭けばお手入れ完了です。

##タイガーのプレミアム本土鍋シリーズ

タイガーのプレミアム本土鍋シリーズは、高火力と蓄熱性という土鍋のメリットを再現し、まるで本物の土鍋で炊いたようなふっくらつやつやのごはんが炊ける炊飯器です。

●高火力と泡で包み込んで炊き上げるご泡火(ほうび)炊き
炊飯器に搭載されたIH加熱装置「遠赤特大土かまど」が、内なべを包み込むように発熱してかまど炊きの高火力を再現。じっくりじっくり中の温度が上がるため、米の甘味成分を増やす酵素(アミラーゼ)が働く温度帯が長く続きます。

その後、金属鍋では届かない温度帯(200度以上)で炊きあげ、土鍋の遠赤効果による輻射熱で米の中までしっかり加熱。これが、甘味とうま味をグッと引き出し、もちもちとした食感の土鍋ごはんを炊く仕組みです。

●細かく均一な泡がやさしく米を包む
米が傷つくとそこからうま味が逃げだしてしまいます。また、粒が変形することで炊きムラの原因にもなる可能性があります。本土鍋シリーズは、高火力で加熱した時に細かい均一な気泡が鍋肌から立ちます。この泡が米を包み込むため、鍋の中で米が踊っても傷つきにくいのです。また、一粒一粒に均一に熱が伝達され、表面がつややかで食感がもっちりした粒の揃ったごはんに炊きあがります。

###土鍋炊きごはんの美味しさにこだわりたいなら

妥協せずに本物の土鍋のような炊き上がりを求めるなら、「土鍋 ご泡火(ほうび)炊き」のJPL-A100がおすすめです。炊飯中の最高温度は280度。かまど炊きのような高火力で包み込んでごはんを炊きあげます。

JPL-A100は「もっちり」から「しゃっきり」まで5段階の炊き分けが可能。例えば、チャーハンやカレーなら少ししゃっきりした食感で。もっちりとしたやわらかさのあるごはんは、おにぎりやお弁当などに適しています。このように料理や好みに応じて細かく炊き分けられるので、いつものごはんが一段と美味しく感じるはずです。

特筆すべきは、1合分のごはんを丁寧に炊き上げる「一合料亭炊き」機能です。5.5合炊きの内なべで1合分のごはんを炊くと、熱を均等に伝えるのが難しくなります。この弱点を補うため、専用の中ふたを用意しました。炊飯空間を物理的に小さくすることで、まるで料亭で提供されるごはんのように香り高く、ハリと粘りのあるごはんが炊けます。

内なべは熟練の職人によって選び抜かれた土に、炭化ケイ素成分を配合した土鍋を四度焼きして仕上げています。(炭化ケイ素を配合することで熱伝導が約2.5倍UP)
品質にもとことんこだわり、従来の製品よりも割れにくく、市販の土鍋に比べて2倍の強度を出しています。内なべの割れ・フッ素コーティングの剥がれは5年間保証(JPL-A100型)が付いているため、万が一のときも安心です。

JPL-A100

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器 〈炊きたて〉
JPL-A100

###本物の土鍋ごはんを自宅でも手軽に味わいたいなら

プレミアム本土鍋を採用した炊飯器では、JPHシリーズもおすすめです。JPH-G100は最高温度265度、JPH-G100は250度の高火力。これだけの温度は金属鍋では再現できません。高温炊飯と土鍋ならではの高い遠赤外線効果により、ごはんのうま味をじっくり引き出してくれます。

沸騰すると鍋の底から均等に泡が発生。泡が米粒一つ一つを包みこむため、お米が傷つきにくいです。さらに、お米の甘さの元であるデンプンを米の中に閉じ込めて逃がしません。

また、「つや艶内ふた」はスグレモノです!ふたを開けたときに内ふたに水がたまって流れ落ちたり、保温している間にごはんがパサついたりした経験はないでしょうか。JPHシリーズの内ふたには親水加工が施されているため、加熱時には素早く蒸発し、保温時には水分の膜を張ってごはんの乾燥を防ぐので、炊きあがったあともずっとおいしさをキープします。

内なべの割れ・フッ素コーティングの剥がれについては、どちらも3年間の保証が付いています。

JPH-G

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器 〈炊きたて〉
JPH-G100

##土鍋コーティングシリーズ

金属の特性を活かし、加えて土鍋の良さを再現するために開発されたのが、合金アルミ・純アルミ・ステンレス製の金属鍋の内と外に特殊加工を施した炊飯器シリーズです。内側はお米を包み込む細やかな沸騰の泡立ちを高める加工が施され、外側は蓄熱性を高めるコーティングで、力強く沸騰して一粒一粒ふっくら炊き上げることが可能です。

本物の土鍋に近い炊き上がりながら使い勝手がよく、値段もお手頃。「いつものごはんをワンランクアップさせたい」という人におすすめです!

###土鍋に近い炊きがありと使い勝手を求めるなら

より土鍋に近い炊きあがりのJPC-G型は、内なべの外側のコーティングがさらに一工夫されています。上部には熱伝導性の高いかまどコーティング、下部には蓄熱性の高い熱封土鍋コーティング。2種類の特性が異なるコーティングにより、内なべの上下で温度差を生み出し、しっかり米を対流させる仕組みです。

コーティング内部は合金アルミと純金アルミを交互に8層、さらにステンレスを加えた厚さ3mmの9層遠赤特厚釜。熱が素早く内なべ全体に広がるため、炊きムラがありません。内なべは3年間のコーティングの剥がれ保証付きです。

また、充実した炊飯プログラムも魅力の一つ。「少量高速」メニューなら、1合分のごはんがわずか17分で炊飯可能です。また、「冷凍ご飯」メニューではしっかりと吸水させて芯までふっくら炊き上げることで、解凍したときにパサつきにくいご飯を炊くことができます。デザインはコンパクトでシンプル。リビングやダイニングに置いておいても邪魔になりません。

###美味しさとともにプラスアルファの機能性も重視したいなら

内と外の2種の土鍋コーティングと、アルミとステンレスの5層仕立ての遠赤厚釜で美味しいごはんがスピーディーに炊けるのがJPK-A。内側には遠赤土鍋コーティングが、外側には蓄熱性の高い熱封土鍋コーティングが施されています。内なべは3年間の保証付きです。

「少量高速」や「冷凍ごはん」のほか、「すし・カレー」、「お弁当」などの多彩な炊飯プログラムを搭載。特別美味しいごはんを炊きたい日には、2倍の時間で吸水し、しっかりと時間をかけて加熱する「極うま」メニューがおすすめです。さらに、野菜やお肉、調味料を入れて時間をセットするだけで、簡単に料理が作れる炊飯器クッキング機能も充実。豊富な機能バリエーションで、何かと忙しい子育て世帯や働き盛り世帯の食生活をサポートしてくれるアイテムです。

#自分のスタイルにあった土鍋で毎日美味しいごはんを

本物の土鍋も、土鍋の炊きあがりができる炊飯器も、それぞれに特徴があります。土鍋は慣れれば簡単に美味しいごはんが炊けるため、一人暮らしや毎食家族揃ってごはんを食べる家庭におすすめです。

一方、食べる時間がズレることが多い家庭では、保温機能付き炊飯器の方が使いやすいことも。炊飯器でも、内釜に土鍋を使用しているものであれば、土鍋で炊いたごはんと同じ味わいを再現できます。食事スタイルに合わせて使いやすいものを選び、美味しいごはんのある毎日を送りませんか?