ナビを開く

炊飯器の選び方 炊飯器の選び方

  • twitter
  • instagram
  • facebook

炊飯器はマルチクッカーとして使える?炊飯だけじゃないおすすめ機種とは

マルチクッカーは、「煮る」「蒸す」「焼く」「揚げる」「炊く」といった調理ができる家電です。1台でごはんとおかずの両方が作れるというメリットがあります。一方で、最近の炊飯器には調理機能が搭載されている機種も多くあり、マルチクッカーのように使うことができます。この記事では、炊飯器をマルチクッカーとして使うメリットや炊飯器で作れるおかずについて紹介します。

マルチクッカーとは?

マルチクッカーは1台で「蒸す」「煮る」「焼く」「揚げる」といった基本的な調理をこなせる家電です。できることや対応メニューは機種によって異なりますが、カレーやシチューなどの煮込み料理やスープ、みそ汁など、毎日の食卓を彩る栄養たっぷりのメニューを簡単に調理できます。

刻んだ材料や調味料を入れてスイッチを押すだけという手軽さもマルチクッカーの魅力。朝出かける前に材料をカットしておき、帰宅してマルチクッカーにセットしてスイッチオン。バタバタしがちな夕食準備時間も、マルチクッカーがあれば余裕をもって過ごすことができます。また、中には自動でかき混ぜてくれるなどの便利な機能が搭載されたタイプもあります。

おかずだけではなく、プリンやケーキ、パンといったおやつ作りにも使え、1台あれば料理のレパートリーが広がることは間違いありません。

マルチクッカーの特徴とメリット

マルチクッカーは、従来からの「料理」の概念を変える家電だといっても過言ではありません。料理の概念が変われば、ライフスタイルにも大きな変化が生まれます。マルチクッカーが生活にどんな変化をもたらすのか、またどんな特徴やメリットがあるのかを解説していきます。

豊富なメニューがボタン一つで完成

そもそも料理というのは、手間のかかる家事の代表格です。献立を決めて材料を買い揃え、下ごしらえをして火を通すといった工数の多さは、ほかの家事と比べ物になりません。

ポその点マルチクッカーは、材料を入れてセットするだけで、あとはすべて機械に任せられまず。温度や調理時間の管理も必要ありません。レシピが内蔵されている機種も多く、ガイド通りに材料を用意して設定するだけで調理が完了します。

この手軽さは、多忙な毎日の中で非常に大きなメリットとなります。たとえば入浴中や睡眠中の時間を利用して料理を作っておけば、時間を有効活用できるうえにお惣菜を買うよりも経済的です。

予約や保温機能があり、できたてが食べられる

マルチクッカーは、調理したらそれで終わりの家電ではなく、料理ができあがると自動で保温モードに切り替わり、炊飯器のように食べごろの温かさをキープしてくれます。そのため、家族の中で食事時間がずれても常に温かな料理を提供できます。

保温機能のおかげで、「子どもに先に食べさせたい」「残業で家族の帰宅が遅れる」といったときでも、冷めた料理を後であたため直したり、分けて調理したりする必要はありません。また、炊飯など一部のメニューは予約調理が可能で、できあがりの時間を指定できます。

火を使わないから安心

料理中、特にガスコンロやクッキングヒーターを使っている最中は、火元から目を離すことができません。こげつきや吹きこぼれに注意しなければならないのはもちろんのこと、何より危険だからです。そのため、料理をしながらほかの家事や用事をこなすのはなかなか難しいこともあるかもしれません。

その点、電気で調理をするマルチクッカーなら放置しても大丈夫。火を使わないため、「煮る」「蒸す」「ゆでる」といった本来なら目を離せない調理も安心して任せられます。もちろん、吹きこぼれやこげつきの心配もほとんど必要もありません。ガスコンロと違い、夏場でも涼しいというのも嬉しいメリットです。

圧力のおかげで時短調理

圧力なべタイプのマルチクッカーなら、時間がかかる煮込み料理も短時間で調理が可能になります。大きめの野菜や肉にもしっかりと火が通り、おいしく柔らかくできます。ビーフシチューや豚の角煮など時間のかかる料理は、食べたいと思っても実際に調理するとなると億劫なものです。でも圧力タイプのマルチクッカーを使えば調理中は放置したままでよく、かつ時短に。手間のかかる料理をより身近なものにしてくれます。

マルチクッカーのデメリットは?

マルチクッカーは非常に便利なアイテムですが、当然のことながらメリットばかりではなく、デメリットに感じる面も存在します。購入してみたものの「あまり使う機会がなかった」「食生活やライフスタイルに合わなかった」と分かり、置物になってしまうことも。価格が高めな機種も多いので、買ってから「失敗した」と後悔しないためには、あらかじめ十分に比較・検討することが大切です。

思っているよりも時短にならない場合も

「とにかく調理にかける時間を短くしたいと考えて購入したのに、思いのほか手間も時間もかかってしまった」というのはよくあるケースです。マルチクッカーでできるのはあくまでも「加熱」を中心とした調理のみで、材料を切るなどの下ごしらえや後片づけの手間は従来と変わりません。

さらに、予熱や加圧(圧力タイプのみ)に思いのほか時間がかかることも。準備からできあがりまでの時間をみると、マルチクッカーを使わない場合と所要時間が変わらなかった、ということもあり得ます。マルチクッカーはあくまでも自動で調理してくれる家電であり、大幅な時短を実現するのは簡単ではないと考えておいたほうがいいでしょう。

機種によっては予約調理ができない

指定した時間に料理が完成する「予約調理」は便利な機能ですが、そもそも予約調理が可能なメニューは数が限られています。また機種によっては「炊飯以外は予約調理不可」というものも存在し、時間ぴったりにおかずを完成させたい人にとっては期待外れに終わるかもしれません。

マルチクッカーは、予約調理よりも「ひとまず材料を投入してスイッチを入れ、完成後は保温しておいていつでも食べられるようにしておく」といった使い方のほうが適しています。夕方帰宅したらセットし、その間に別の家事をこなすなど、「手離れしやすい」というメリットを上手に活用しましょう。

本体が大きめで場所をとる

マルチクッカーは多機能な分それなりに大きく、場所を取ります。小容量の機種でも炊飯器程度のサイズで、大型のものになれば大きさもさることながら重量も6kgを超えるなど、棚の耐荷重も考慮しなくてはなりません。キッチンが手狭な物件では、「置き場所がない」といった悩みも出てきます。購入前に設置場所を決めておくといいでしょう。

また、いくら多機能が特徴の機種でも、使いこなせなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。日々の家事ローテーションの中でどう活用するかを想定しておくことが、購入や機種選びで失敗しないコツです。

炊飯器をマルチクッカーの代わりに活用しよう!

ごはんを炊くための炊飯器は、生活必需品ともいえる家電です。実はお米を炊く以外にもさまざまな調理が可能で、マルチクッカーの代わりとして使うこともできます。炊飯器でできるおかず作りについてご紹介します。

実はマルチな調理家電!さまざまな調理が炊飯器でつくれる!

炊飯器でおかずが作れるのは、加熱方法などの構造がマルチクッカーと似ているからです。揚げもの以外のメニューはほとんど調理可能で、使いこなせば献立のバリエーションも広がります。炊飯器で作れるメニューをみてみましょう。

汁物

肉や野菜をたっぷり使った栄養満点スープなどの汁物メニューも、炊飯器ならワンタッチで調理できます。吹きこぼれやこげつきの心配をする必要もありません。

    
煮物・煮込み料理

じっくりと火を通すことが得意な炊飯器にとって、肉じゃがやシチューなどの煮物・煮込み系料理はお手のもの。煮物をガスコンロで作るとなると、長時間にわたって火元を確認したり、火加減を調節したりしなくてはならず何かと手間がかかります。しかし、炊飯器なら材料を入れてスイッチをオンにするだけです。

    
焼き物

種類は限られますが、普段フライパンで作るような焼き調理メニューも炊飯器でOK。たとえば羽根付き餃子やオムレツ、お好み焼きなどは、こげ付き知らずで炊飯器で作ったほうがキレイな仕あがりになります。

    
スイーツ

料理以外にも、たとえばプリンやケーキ、蒸しパンなどのスイーツも炊飯器で作れます。内なべの形状を利用することで、ケーキなどはきれいに丸く焼くことができます。

「炊飯」ボタンだけで手間いらず!時短料理にも対応

炊飯器を使った調理の手順はいたってシンプル。基本的に材料を炊飯器の内なべに入れて調理モードや時間の設定をし、スタート。あとはできあがるまで待つだけです。

たとえば「チャプチェ」 なら、下ごしらえは水にくぐらせた春雨とカット野菜、牛肉の切り落としに調味料をかけるだけ。「調理」メニューに設定して「炊飯」ボタンを押せば10分で完成します。「カレー」なら野菜やお肉、カレールー、水を投入し、「炊飯」ボタンをオン。途中で一度かき混ぜて、約15分でできあがります。

さらにマルチクッカーと同じく、調理中はほったらかしで問題ありません。子どもの送迎をしたり、お風呂の準備をしたりと時間を有効活用できます。

レシピサイトには炊飯器を活用したレシピが盛りだくさん

炊飯器で作れる料理は、ここで紹介したものだけではありません。炊飯器レシピを掲載しているサイトには、材料さえ揃えればすぐに作れる手軽なレシピが数多く紹介されています。食事のメニューが決まらないときは、レシピサイトを大いに活用しましょう。

さらにレシピをひとつ覚えてしまえば、具材や調味料を変えることによってバリエーションを増やすことも可能です。たとえばケーキなら、チョコレートケーキ、チーズケーキ、キャロットケーキなどが作れます。家族の好みに合わせて作ってみてはいかがでしょうか。

炊飯器とマルチクッカーはどっちがよい?

「炊飯器」と「マルチクッカー」のどちらを買うべきか悩んでいる人には、炊飯器を購入することをおすすめします。最大の理由は、主食であるごはんを炊くための炊飯器は使用頻度が高く、「買ってみたけれど使わなかった」という残念な事態になることが少ないからです。炊飯器さえあれば、おいしいごはんが炊けるうえに、揚げもの以外のほとんどのおかずを作れます。

マルチクッカーは自動調理できることが大きな特徴ですが、使いこなすには材料の切り方を工夫するなどのコツも必要です。また、どのくらい手間を減らせるのか、時短になるのかといった点は、実際に使ってみないと分かりません。まずは炊飯器調理を試したうえで、マルチクッカーが本当に必要かを検討するといいでしょう。

一方、キッチンでコンロや油を使いたくない、とにかく手軽に料理を済ませたいという場合は、マルチクッカーのメリットとかなりマッチします。機種ごとの性能を比較しつつ、自分や家族のニーズの合うものを選びましょう。

時短調理・スロー調理に対応!「圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉JPK-G100」

炊飯器をマルチクッカーとしても使いたいときにうってつけなのが、タイガーの圧力IH式炊飯器「JPK-G100」です。この機種は、白米をおいしく炊くための炊飯メニュー以外にも、「クイック調理」と「スロー調理」という2つの調理メニューを搭載しています。

「クイック調理」は高温で一気に調理を行うモードで、1分から30分まで1分単位で時間設定が可能。忙しいときにサッとおかずを作りたいときに便利です。「スロー調理」はまず高温で煮込んでから弱めの火力でじっくり煮込むモードで、設定できる調理時間は30分から360分。時間のかかる煮物や煮込み料理が手軽に作れます。レシピ集も充実しており、新しい料理にすぐにチャレンジできるのも魅力です。

もちろん炊飯器としても大変優秀で、熱をムラなく伝える「遠赤5層土鍋蓄熱コート釜」と高火力の「圧力炊き」で、まるで土鍋で炊いたような粘りと甘みのあるごはんが炊けます。「JPK-G100」は主食のごはんから毎日のおかず作りまで任せられる、キッチンの強い味方です。

炊飯器なら料理もカンタン!ごはんもおいしくできる!

炊飯だけではなく煮物や汁物、ケーキ作りにまで活用できる炊飯器は、1台あるだけで家族の食卓をにぎやかにしてくれます。ふっくらつやつやのごはんが炊けるのはもちろんのこと、実はマルチクッカーとしても活用できる炊飯器で、手軽においしい食事を楽しみましょう。