TIGER

その他

今日の土鍋圧力IH炊飯ジャー(JPG型)【重信 初江さん】

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • lineでシェア

重信 初江重信 初江(しげのぶはつえ)

料理研究家。料理研究家のアシスタントを経て独立。家庭にある身近な素材で作る簡単でおいしい毎日のおかずに定評がある。おふくろの味から本格エスニック料理まで幅広いメニューが人気で、雑誌やテレビなど多方面で活躍中。著書に『遅夜スープ』(宝島社)、『ササッと15分!ひとりごはん』(講談社)など多数。

春の香りのお弁当

重信初江先生_6

3月某日、このコーナーでも寄稿している後藤由紀子さんのイベントでお弁当を作ることになった。彼女とは本のお手伝いをしてからの仲。で、今回のお話しをいただいたのです。
こんな数のお弁当をつくるのは実は初めての経験だったけれど、苦手な早起きをして由紀子さんに(もちろん他のお客様にも)喜んでいただけるお弁当を作ってみました。
何といってもお弁当の要はご飯の旨さ! そして私には良き相棒がいる笑。
いろいろな方のアドバイスを元にお米をしっかりと吸水させたのち、早炊きボタンで。しゃっきりとしつつも艶のある甘みのあるご飯が炊けた!弁当箱に盛りその上に牛のしぐれ煮をたっぷり。
百合根の花びらと木の芽を散らして、春の香りが食べてくれる皆様に届くといいな。

おにぎり

近頃ごはんが美味しくなって、色々と試したけれど、そういえばおにぎり食べていないな、久しぶりに食べたくなってわがままな私はアシスタントMちゃんにリクエストしてみた。
Mちゃんは優しくふっくら、リズミカルに丸く握って高菜の葉でささっと巻いてくれた。頬張るとほろっと崩れて、米の甘さが口いっぱいに広がる。
おにぎりって、結ぶ人の性格とか、生活とか、そんなものが恥ずかしいくらいに表れてしまうんじゃないだろうか?と、私は思う。そして自分で握るより、人に作ってもらうのが一番!
そんなわけで今日のお昼ごはんも美味しくいただきました、ご馳走さま。

豆ごはん

撮影の仕事はいつも季節先取り。
今日は春野菜の撮影でした。
まだまだ旬とはほど遠い、グリンピース様。
せっかくなので豆ごはんに。さやも洗って一緒に炊き込んでみたらだしが出るのではとやってみた。
撮影でバタバタしていて、本当は少しもち米を混ぜたかったのに、すっかり忘れていたので、"もっちり"のコースで、豆ごはんにはお焦げはいらない派なので火加減は弱めに。
ごはんは理想通りの炊き上がりだったけど、やっぱり豆は香りも味もまだまだだったなぁ。さやを入れた効果もあまりなく、残念だったけど春になったらまたやってみよう。

おこわ

撮影でもち米が余っていたので中華おこわを炊いた。
おこわって、もち米を一晩水につけなければいけないというイメージがあるけれど、洗って30分くらいザルにあげておけば炊けるので手軽で、宴会によくつくるごはんもののひとつでもあります。
今日は軽さを出したいのでもち米2合に米1合の割合で。冷凍しておいた焼き豚をそのままいれ、これまた撮影で残った里芋を加え、"おこわ"ボタンを押して30分と少し。美味しそうなおこげもできました。
友人からもらった銀杏をちらして、いただきます!

韓国から友がきた。

ソウルでマッコリ屋を営んでいる友人が、家族で日本に旅行にやってきた。
「お土産もってきたよ!」とオモニ(お母さん)手作りのジャコの佃煮や韓国の名人が作ったという明太子。しかも愛に溢れたものすごい量を頂く。
佃煮はマッコリ屋さんで突き出しに小さい器にちびっと出てくるものだったので、そのあまりの量に笑ってしまった。健康を考えてか、色々なナッツ、あとはお約束の唐辛子が入っている。
「どんなごはんが合うかなぁ」と嬉しい悩みの末、今日は【白米・しゃっきり】で炊いてみました。
明太子にはこれまた頂いた搾りたてのごま油をたらりとかけて、さぁ、いただきます!

炊飯ジャーがやってきた

今日うちに土鍋圧力IH炊飯ジャー(JPG型)がやってきた。
わくわくドキドキしながら早速炊いて......
あれ、メニューのボタンがない?何?と一人焦る。
すると横からアシスタントのMちゃんが
「先生、ここに立ってみると表示されますよ」と一言。
炊飯器の前に立つと、黒いタッチパネルに白い文字が一気に浮かび上がった。
すごい!まるで近未来からきた炊飯器みたい。(今はこれが普通なの?なんせ前回買ったのは10年以上前だから、最近の炊飯器事情がよくわからない)。
そんなこんなで母方の親戚からタイミングよく送られてきた新米を炊いてみた。
"お米が立ってる"なんてありきたりの表現はしたくないけれど、
本当にキラキラと立っていた。ああ、幸せってこういうところにあるんだなぁ。
この毎日続く幸せって、いいなぁ。

もっと見る

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • lineでシェア