TIGER

製品紹介土鍋のお話

土鍋を長くお使いいただくために

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • lineでシェア

ごはんがついた土鍋のお手入れ

使うたびに、洗剤をうすめた水またはぬるま湯でスポンジを使って内側と外側をよく洗い、水ですすぎましょう。乾いた布で水分をふき取り、充分に乾燥させます。外側の発熱体を傷つけないように注意してください。また、汚れや油分がついたままにしないでください。ついたときは、きれいにお手入れしてください。

使える道具・使えない道具

土鍋を洗う際、メッシュつきスポンジなどのご使用をおすすめします。
◯スポンジの研磨粒子部分で洗わないでください。
フッ素加工面がはがれる原因となります。
◯金属たわしやナイロンたわしなどを使うと土鍋に傷がつくので、使わないでください。
◯メラミン入りスポンジを使わないでください。
◯食器洗浄機や食器乾燥器も使用不可です。
◯重曹はアルカリ性なので、多量に使用すると土鍋の釉薬が傷む恐れがあります。お手入れには、台所用合成洗剤をお使いください。

末永くお使いいただくために

土鍋が傷ついたり割れたり、フッ素加工面のふくれやはがれの原因になりますので、次のことを必ず守りましょう。
◯内なべをガス火にかけたり、電磁調理器・電子レンジなどに使わないこと。
◯カラ炊きや急に冷やさない。
◯白米・無洗米以外のごはん(炊き込みなど)を保温しない。
◯土鍋の中で酢を使わない。
◯付属品か木製品以外のしゃもじを使わない。
◯金属製のおたまやスプーン、泡立て器など、かたいものを使わない。
◯土鍋にざるなどを乗せない。
◯土鍋に食器類など硬いものを入れて一緒に洗わない。

土鍋圧力IH炊飯ジャー〈炊きたて〉JPH-A102

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • lineでシェア

製品の詳しい情報はこちらから