ナビを開く

美味しいごはんが食べたい 美味しいごはんが食べたい

  • twitter
  • instagram
  • facebook

IH圧力ジャー炊飯器でもっちりごはんが炊ける!おいしさを引き出す機能の特徴

炊飯器でおいしいごはんを炊きたいと考えているなら、IH圧力炊飯器がおすすめです。まるでかまどで炊いたようなハリとふっくら感、甘みがあるごはんを味わえます。IH圧力炊飯器では、どのような仕組みでごはんを炊いているのでしょうか。この記事では、IH圧力炊飯器の特徴やおいしいごはんの炊き方について紹介します。

IH圧力炊飯器って?

各メーカーからさまざまな炊飯器が発売されていますが、その中でも最高ランクに位置するのがIH圧力炊飯器です。ごはんをよりおいしく炊くことにこだわった炊飯機能が搭載されており、家でもまるで料亭で食べるようなごはんを味わうことができます。

IH圧力炊飯器のIHとは「Induction Heating」の略で、日本語でいうと電磁誘導加熱のことです。外釜に取り付けられたコイルに電流を流して、内なべ自体を発熱させます。釜全体を加熱するので、マイコン式の炊飯器で起こりがちな炊きムラが生じにくいことが特徴です。

また、おいしいごはんを炊くには高い火力で一気に炊きあげるのが大切だといわれています。IH式では素早く温度を上げ、高火力をキープできるため、よりおいしいごはんを炊く条件が備わっていることになります。

一般的なIH式の炊飯器には、圧力をかける機能がついていないものもあります。しかし、最近ではIH式に圧力をかける機能を搭載したIH圧力炊飯器が多くみられるようになりました。ほとんどのメーカーがIH圧力炊飯器を発売しており、炊飯器のトレンドになっています。

IH圧力炊飯器は、圧力をかけることで一般的なIH式よりもさらに早くおいしいごはんを炊きあげられます。お米の種類や味にこだわりがある人や、自宅でできる限りおいしいごはんを食べたいと考えている人には、IH圧力炊飯器がおすすめです。

どうして圧力をかけるとごはんが美味しくなるのか

お米を炊くときに圧力をかけると、よりおいしいごはんが仕あがります。その理由を説明します。

まず、圧力をかけると水の沸点が上がり、100度以上にすることが可能です。高火力で炊くとお米の一粒ひと粒に熱がしっかり伝わり、もちもちした食感になります。また、釜の中が高温になり沸騰の勢いが増すと対流が生まれ、その対流によってお米が撹拌されます。圧力を調整すればより効果的に撹拌できるので、お米全体に均一に熱を伝えることが可能です。その結果、ごはんの炊きムラが生じるのを防止できます。

圧力によりお米を高温で加熱できれば、ごはんの旨みをしっかり引き出すことも可能です。お米はデンプンを糊化させることでおいしくなるといわれており、この変化を「α化」とよびます。完全にα化させるには、お米に水を加えたうえで、高い温度で加熱し続けなければなりません。IH圧力炊飯器なら高火力をしっかり維持できるため、着実にお米のα化を促進します。

完全にα化させて炊きあげたごはんは、お米本来の旨みが引き出されており、甘みも感じられます。 IH圧力炊飯器を選んでお米を炊けば、ボタンひとつで簡単においしいごはんを食べられます。

IHスチームやおひつ保温など、さまざまな炊飯機能を持つ最近の炊飯器

最近のIH圧力炊飯器の中には、炊飯以外にも優れた機能をもつ製品があります。ごはんのおいしさにこだわるなら、炊飯器に備わった機能についてもチェックしておきたいところです。製品を比較する際にしっかり確認しましょう。

たとえば、機能が豊富な炊飯器のなかには、スチーム機能が付いているタイプもあります。高温になるとごはんの乾燥が進みやすくなりますが、炊飯の仕あげの工程で高温のスチームが出ることにより、ごはんをしっとりした状態に保ちます。スチーム機能はごはんの保温時にも発動するので、保温中の水分蒸発を防ぎ、炊きたてに近い瑞々しい状態をキープすることが可能です。

また、タイガーの最新機種には、木製おひつの特性を取り入れた「おひつ保温」機能が採用されていることにも注目です。おひつは呼吸しながらごはんを保温すると言われますが、「おひつ保温」では「ハリつやポンプ」が外気を取り込み、余分な蒸気を放出して適切な湿度を保つ仕組みになっています。この"呼吸"によって、炊き立てごはんのおいしさをそのままに長時間保温することが可能です。

その他、超音波による振動をお米に伝え、吸水を促す機能がついている製品もあります。お米を水に浸す時間を短縮できるうえに、お米本来の甘みや旨みを引き出します。炊飯器はおいしいごはんを炊くためにどんどん進化しているので、好みに合う炊きあがりを実現できそうな製品を探してみましょう。

IH炊飯器とIH圧力炊飯器の違い

IH炊飯器とIH圧力炊飯器には、具体的にどのように違いがあるのでしょうか。炊飯器を選ぶ際は、IH炊飯器とIH圧力炊飯器のどちらを選ぶべきか迷う人も多いです。自分に適した製品を選ぶには、それぞれの特徴を正しく理解しておく必要があります。ここでは、特に大きな違いといえる部分について紹介します。

炊きあがりの食感が違う

IH炊飯器とIH圧力炊飯器の大きな違いは、炊きあがったごはんの食感にあります。IH炊飯器で炊いたごはんは粒が立ったしゃっきりとした仕あがりになります。お米にしっかり火を通しつつ、食べごたえのある食感になるのが特徴です。一方、IH圧力炊飯器で炊いたごはんは粘り気があり、もちもちとした弾力が感じられます。お米の自然な甘さも感じられ、ごはんそのもののおいしさをしっかり味わえます。

IH炊飯器とIH圧力炊飯器のどちらでお米を炊いても、IHで釜全体を加熱するため炊きムラはほとんどなく、一度にたくさん炊いてもおいしいごはんになります。IH炊飯器とIH圧力炊飯器のどちらの炊きあがりがいいかは、それぞれの食感の好みによるので、自分の好みを考慮して選べば、炊飯器に対する満足度も高くなるはずです。

ただし、一般的には高い火力で炊きあげるほど、ごはんの味はおいしくなるといわれています。IH圧力炊飯器はIH炊飯器よりもさらに高い火力でお米を炊くため、甘みや旨みをしっかりと引き出すことが可能です。よって、食感に対するこだわりはあまりなく、できるだけおいしいごはんを食べたいと思っている人は、IH圧力炊飯器を選ぶのがおすすめです。

値段が高い

IH圧力炊飯器はIH炊飯器に対してさらに圧力機能を加えているので、その分、値段も上乗せされています。なかには5万円前後の機種もありますが、高ければ10万円以上の機種も存在するため、欲しいと思ってもなかなか手が出ないと感じる人も少なくありません。

IH圧力炊飯器は値段が高い分、しっかり吟味して選んだものであれば、実際に使用し始めてからの満足度は高い傾向にあります。しかし、IH圧力炊飯器が自分に適しているかどうかは、それぞれの好みや状況によっても異なります。そもそも自宅でごはんを炊く頻度が少ないなら、IH圧力炊飯器を購入してもあまり使いこなせない場合もあります。

値段の高さがネックとなって購入を迷っている場合は、機能性だけでなく、見た目のデザインや大きさなども含めて総合的に検討するといいでしょう。たとえば、実際に自宅のキッチンに置いて使用している姿をイメージし、IH炊飯器とIH圧力炊飯器のどちらが最適か考えてみてください。

IH圧力炊飯器はお手入れが大変?

IH圧力炊飯器は圧力をかける機能を搭載しているため、IH炊飯器と比べるとパーツが多めです。基本的に、炊飯器のパーツは食器洗い乾燥機に入れられないため、手作業で洗わなければなりません。パーツ1つ1つを手洗いで......と想像するとお手入れが大変だと感じる人もいるかもしれませんが、パーツのそれぞれは洗いやすい形状になっているので、実際にはそれほど時間をかけずに洗うことができます。

たとえば内なべ、内ふた、スチームキャップは、やわらかい布やスポンジで優しく洗い、すすぐだけでOKです。圧力ボールは流水を当てて水洗いしましょう。また、安全弁は2~3回程度押してみて詰まっていないかチェックします。そのうえで流水を当てて水洗いし、残った水分を拭き取って乾燥させます。手入れのために特別な道具やテクニックは必要ないため、誰でもしっかりとメンテナンスを行うことが可能です。

スポンジで優しくこすったり水洗いしたりするだけでIH圧力炊飯器の手入れが完了するので、慣れてしまえば家事のルーティンのひとつとして組み込めます。多少の手間はありますが、通常の炊飯器と比べて大きく違いがあるわけではないので、お手入れの心配はそこまで必要ないでしょう。

少量炊きタイプのIH圧力炊飯器はある?

IH圧力炊飯器は炊けるお米の容量が多いタイプが主流となっています。具体的には5合以上のお米を炊けるIH圧力炊飯器が多く、容量が少ないタイプはそれほど数が多くありません。ただし近年、核家族化を考慮し、容量が少なめの3.5合炊きの炊飯器も増えてきました。その流れを受けて、IH圧力炊飯器においても容量が少ないタイプが少しずつ増えています。

一人暮らしの人やお米を炊く頻度が少ない人は、容量が少ないIH圧力炊飯器を選ぶといいでしょう。容量が多いタイプと比べると選べる種類は少ないものの、条件に合う製品を見つけられれば毎日の食事に合わせておいしいごはんを炊くことができます。

なお、炊けるお米の容量が多い5.5合炊きのIH圧力炊飯器の中には、0.5合や1合だけなどお茶碗一膳分から炊けるモードが搭載されているタイプもあります。これなら一度にたくさん炊きたい場合も、食べる分だけ都度炊きたい場合も対応できるので、汎用性が高いです。

容量は家族の人数に比例すると捉えられがちですが、必ずしもそうではありません。たとえば、家族の人数が少なくても、まとめ炊きしたりお弁当のためにごはんを炊いたりするなら、容量が多いタイプのほうが便利でしょう。ごはんを炊く頻度やライフスタイルを考慮すると、実際に使い勝手のいい炊飯器を選べます。普段のごはんの炊き方を考慮したうえで、どの程度の容量が必要か考えてみましょう。

IH圧力炊飯器は保温機能も優れている?

炊きたてのごはんをおいしく保つために必要なのは、あたたかさだけではありません。単にあたため続けるだけでは、ごはんが乾燥してパサパサしてしまいます。IH炊飯器やIH圧力炊飯器はごはんをおいしく炊きあげるだけでなく、炊いたごはんの劣化を防ぐための保温機能を備えています。たとえば水分を与えるスチーム機能搭載なら、ごはんに必要な湿度を維持することが可能です。長時間保温を続けても、炊きたてのごはんのおいしさを保ちます。

本格的な土鍋ごはんが味わえるタイガー魔法瓶の「JPL-A」シリーズには、新しく誕生した保温機能の「おひつ保温」がついています。この機能では「ハリつやポンプ」が稼働し、まるで木製のおひつのように外気を取り込みながら余分な蒸気を放出することが可能です。土鍋内の環境をごはんに最適な状態に整え、ごはんの香りと弾力を保ちながら、炊きたてのおいしさを長く保ちます。

ここで注意をしたいのは、高度な保温機能を備えているからといって、2日間も3日間も炊きたてのおいしさをキープできるわけではないということです。IH圧力炊飯器は、通常の炊飯器に比べて長く保温できるものが多いですが、とはいえ12~24時間が最長です。製品ごとに決められた保温時間を守って保温機能を利用しましょう。

保温をするときには、いくつか気をつけたいルールがあります。たとえば、保温している釜の中にしゃもじを入れっぱなしにしてはいけません。また、基本的に炊き込みごはんは傷みやすいため、炊飯器での保温には適していません。

IH圧力炊飯器でごはんをおいしく炊くには?

IH圧力炊飯器でごはんを炊く場合、基本的な炊き方は他の炊飯器と同じです。ここでは、ごはんをおいしく炊くためのポイントを紹介します。IH圧力炊飯器でよりおいしいごはんを炊くために、基本をしっかり押さえましょう。

正しく計量

ごはんをおいしく炊くには、正しく計量することが大切です。お米の量が合っていないと、水の量も合わなくなります。また、適切な炊き方ができなくなり、ごはんのおいしさが半減してしまいます。計量カップにお米を入れたら、すりきりで1杯分を正確に計りましょう。多めにお米を入れ、箸などで余計なお米をすりきるようにすると正しい量を計りやすくなります。なお、1合は150gなので、計量器を使って計量することも可能です。

お米を研ぐ

お米を研ぐときは、釜ではなくボウルとザルを使うことをおすすめします。釜の中でお米を研いでいると、お米の摩擦で釜が傷つく恐れがあるからです。また、IH炊飯器は釜が厚手で重量がある製品が多いため、釜でお米を研ごうとすると扱いづらい可能性もあります。

お米を水につけると、水にぬかや汚れが出ていきます。お米は最初につけた水をよく吸うので、軽くかき混ぜたらすぐに捨てましょう。研ぐときはお米とお米がこすれあうよう、手のひら全体を使って優しく洗います。力を入れすぎるとお米の粒が割れてしまうので、注意が必要です。だいたい手を20回程度動かしたら、汚れた水を捨て、研ぎ汁が濁らず澄んだ状態になるまですすぎを繰り返します。

浸水時間は不要

お米を研ぎ終わったら、釜に表示されているメモリに合わせて水を入れます。水の量を正確に計るには、釜を水平な場所に置きましょう。最近の炊飯器は、浸水時間も自動的に計算して炊飯を行っているため、事前の浸水時間は取らなくても良いです。ただし、なかには浸水時間をとる必要がある製品もあるので、最初に取扱説明書を確認しておくと安心です。

水を入れた釜をセットしたら、炊飯モードを選び、スイッチを押して炊飯を開始させましょう。

炊きあがったらしゃもじで混ぜる

炊きあがりの合図が鳴ったら、すぐに炊飯器のふたを開けます。蒸らしも自動で行われているので、改めて蒸らす時間をとる必要はありません。ふたを開けたら、ごはん全体をしゃもじで切るようなイメージでほぐしましょう。こうすることで、ごはんの表面についている余計な水分を飛ばせます。

すぐにすべてのごはんを食べない場合は、ふたを閉めて保温を行います。ある程度の時間ならおいしく保温できますが、長く保温すればその分味は落ちやすくなるので注意しましょう。保温しても食べきれない分については、冷蔵や冷凍で保存してください。

IH圧力炊飯器では炊飯以外の調理もできる?

IH圧力炊飯器の中には、炊飯だけでなく料理ができる機能がついている製品もあります。炊飯器が対応している料理は幅広く、蒸し料理や煮込み料理をはじめとしてさまざまなものを作れます。材料を入れてスイッチを押すだけで、本格的な料理が完成するので便利です。

なかには、お米を炊くのと同時におかずを1品作ることができる炊飯器もあります。専用のトレーがついており、釜とともにセットして料理を作る仕組みです。こうした機能があると、家事にかける時間がなかなか取れない人でも、自炊がしやすくなり経済的かつ健康的です。

また、料理だけでなくスイーツを作る機能もIH圧力炊飯器に備わっています。火加減の調整は炊飯器に任せられるので、オーブンを使用するよりも簡単にケーキを作ることができます。お菓子作りをしてみたいけどハードルが高い、と感じている人は、まずは炊飯器を使用して挑戦してみてはいかがでしょうか。

ただし、機種によっては炊飯以外の調理には対応していない場合もあるため、調理に使用する前に説明書をよく確認しましょう。調理に対応している機種でも、使用できない食材や、入れ方に注意が必要な調味料もあります。正しく使用しないと炊飯器の故障や傷の原因につながります。

また、他の種類の炊飯器では問題ない調理でも、IH圧力炊飯器ではできない調理もあります。ジャムや片栗粉を使った粘性のある調理や、重曹を使った急激に泡が出る調理、練り物や麺類など煮ている最中に分量が増える食材を使った調理などは、IH圧力炊飯器ではNGです。ルールを守って調理をしましょう。

最新のIH圧力炊飯器がすごい!おすすめ機種は?

IH圧力炊飯器にはさまざまな種類がありますが、そのなかでも土鍋炊きにこだわったタイガー魔法瓶の炊飯器はおいしいごはんが炊けると評判です。高火力でお米の旨みや甘みを引き出すので、いつも食べているごはんをさらにおいしくすることが可能です。ここでは、タイガーのおすすめのIH圧力炊飯器を紹介します。

土鍋圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉ご泡火炊き JPL-A100

タイガーが炊きたてのおいしいごはんを追求し、50年かけてたどり着いた土鍋炊きのIH圧力炊飯器です。「炊きたて最高傑作」と称しており、お米の旨みを最大限に引き出すための火力と圧力を誇ります。かまどでのお米の炊き方を再現した「ご泡火炊き」で、最高温度は約280度にもなります。土鍋の性質を活かし、従来製品と比べて約4倍の遠赤効果を発揮することが可能です。

また、「丹精仕上げ」と呼ばれる2つの新機能により、お米の甘みとハリを生みだします。まずは多段階圧力機構によって、蒸らしの工程で段階的にやさしく圧力を調整しながら、釜の中の温度を維持し、お米の甘みをしっかり引き出します。そして「ハリつやポンプ」が外気を取り込みながら、蒸らしの際に発生する余分な蒸気を適切に排出することで、ごはんの水分を調整して程よい弾力のある炊きあがりを実現しています。

「ハリつやポンプ」は保温の際にも働き、ごはんが乾燥するのを防ぎます。長く保温し続けても、炊きたてのようなおいしいごはんを食べられます。

タイガーの長年の技術を結集して作られたこの炊飯器は、実際にごはんを炊いて食べてみれば、そのおいしさに満足できること間違いありません。

土鍋圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉ご泡火炊き JPH-G100

三重県四日市市の伝統工芸品である「四日市萬古焼」を内なべとして採用しています。炊飯器でありながら本物の土からできた本土鍋でお米を炊けるため、手軽に土鍋ごはんを楽しむことができます。内なべはガス火対応の萬古焼土鍋の約2倍以上の強度なので、破損や割れの心配が少ないのも嬉しいポイントです。万が一内なべやフッ素コーティングが破損しても、内なべ割れ・フッ素コーティングの剥がれは3年間保証してくれるので安心です。

「土鍋ご泡火炊き」でお米を包み込みながら炊飯し、最高250度の高火力を発揮します。芯までしっかり火を通すので、お米のおいしさをぐっと引き出すことが可能です。

また「つや艶内ふた」により内ふたに水滴がつきにくくなっており、つゆだれしません。ふた内側に水分の薄い膜を張り、ごはんのみずみずしさを保てるようにもなっています。

圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉ご泡火炊き JPI-A100/A180

「遠赤9層土鍋かまどコート釜」を採用しており、土鍋で炊いたごはんに近い炊きあがりを実現します。かまどのような高火力にするため、「釡包みIH」で広い面積を加熱できるようになっています。さらに、炊きあげるときと蒸らすときに圧力をかけることで、もっちりとした弾力のあるごはんが出来あがります。ごはんの甘みもしっかり引き出すので、いつものごはんをよりおいしく炊くことができます。

少量のお米でもより旨みを引き出して炊くための「少量旨火炊き」機能も搭載しています。これにより、そのとき食べる分だけを炊くこともできるようになりました。さらに、冷凍用のごはんや、手巻き寿司・カレーなどのメニューに合わせたごはんなど、シーンに合わせて炊き方を変えることも可能です。どんなときも、おいしいごはんを食べられるのが大きな強みとなっています。

高価だけど、買う価値あり!毎日のごはんがおいしくなるIH圧力炊飯器

炊飯器の中でもIH圧力炊飯器は値段が高い機種が多いため、なかなか購入に踏み切れないという人も少なくありません。しかし、実際に炊きあがったごはんを食べてみると、それだけの価値があることがよくわかります。

思い切ってIH圧力炊飯器を選べば、毎日のごはんをグレードアップすることが可能です。値段が高くても、毎日使用することを考えれば、コストパフォーマンスは高いといえます。自宅での食事をより充実させられれば、おうち時間がさらに豊かなものになります。IH圧力炊飯器を選び、おいしいごはんを家族で一緒に味わいましょう。