土鍋を知る

【土鍋語辞典】第一語目
「土鍋泡(どなべあわ)」

毎回ひとつ、炊きたて50編集部が選んだ土鍋にまつわる言葉や、タイガーが製造・販売している土鍋圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉にまつわる言葉を取り上げながら、"土鍋語"にまつわるさまざまな豆知識もお届け。
今回は「土鍋泡」をご紹介します。

土鍋泡(どなべあわ)

【意味】

土鍋を使ってごはんを炊きあげるときにできる、細かく均一な泡のこと。

【例文1】

土鍋は土でできているため、高い蓄熱性がある。
そして溜め込まれた熱が内部に伝わると、細かく均一な、力強い土鍋泡が発生する。

【例文2】

高火力が生み出す細かく均一な土鍋泡がつつみ込む。
そして、お米を傷つけにくく、旨味を逃すことなく米を炊きあげることができる。

【土鍋語豆知識】
比べて納得。本土鍋と金属鍋との「泡」の違い

一般的な炊飯器で用いられている金属釜と土鍋とでは、お米を炊く時に発生する泡に大きな違いがあるんです。

【発生する泡の違い】

① 金属釜の場合

沸とう時、小さめの泡が少量のみ発生します。
そのため釜の外側に沿って泡が上がっていき、釜の中央部分は空洞になります。

② 本土鍋の場合

沸とう時、力強い土鍋泡が釜全体から立ちあがります。
そのため、お米ひと粒ひと粒に熱を均一に伝えることができます。

この泡の違いこそが、土鍋ごはんのおいしさの秘密。
旨味のもとであるデンプンを閉じ込め、お米の甘さを逃さないんです。

「土鍋泡」が生み出す、お米本来のおいしさ。
「実際に土鍋で炊くのは少し面倒」「土鍋で上手に炊ける」土鍋圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉ご泡火炊き JPL-G100を使って、おうちで手軽に味わってみてはいかがでしょうか。

関連製品

NEW

炊きたて50周年の最高傑作。
土鍋にしかできない、究極の炊き技。

土鍋ご泡火ほうび炊き
JPL-G100