おいしいごはんの炊き方

【トリセツの解説】二頁目
「圧力IH ジャー炊飯器のここがすごい」

日々進化を遂げるタイガーの炊飯器。おいしいごはんをもっと便利に食べていただくために、さまざまな機能が搭載されています。その性能を存分に活用してもらいたいけれど、取扱説明書を隈なく読むのは少し大変かもしれません。「トリセツの解説」では、炊飯器の機能をよりわかりやすく深掘りしていきます。

「圧力IHジャー炊飯器」って普通の炊飯器と何が違うの?

加熱方法が違います。

ジャー炊飯器には、大まかに分けて「IH式」と「マイコン式」の2つの加熱方法があります。

圧力IHジャー炊飯器は、名前の通り「IH式」。IHとは、電磁誘導加熱による加熱(Induction Heating)のことで、コイルに電流を流して内なべ自体を発熱させます。

内なべ全体を加熱するので、ムラが少なく熱がお米に伝わるのが特長で、IH式なら素早く温度を上げ高火力をキープすることができます。

それにより、IH式の炊飯器は「マイコン式」などのジャー炊飯器に比べておいしくごはんを炊くことができます。

炊きあがりから、違います。

圧力IHジャー炊飯器が誇るポイントは、なんといっても「圧力」。

圧力をかけることで一般的なジャー炊飯器よりもさらにおいしいごはんを炊きあげられます。

圧力をかけると水の沸点が上がり、100度以上で加熱することが可能です。高火力で炊くことによって、お米の一粒ひと粒に熱がしっかり伝わりもちもちした食感になります。

高温で加熱することによって食感だけでなく甘みも引き出すこともできます。お米を高温で加熱し続けると、でんぷんが糊化するα(アルファ)化が起きます。α化すると、ごはんはもっちり甘みのある味わいに。

また、内なべの中が高温になり沸とうの勢いが増すと対流が生まれます。 JPL-G型に搭載されている「多段階圧力機構」では段階的に圧力をコントロールすることで、仕上げ段階の蒸らし温度を高く維持してやさしく温度変化させ、お米の甘みを引き出して います。

タイガーの圧力IHジャー炊飯器に、炊きワザあり。

内釜を包み込む加熱構造

タイガーの圧力IHジャー炊飯器JPI型に搭載されているのが、「釜包みIH」。
その名の通り、内釜を包み込むようにIHヒーターを配置しています。そうすることで、通常底面にしかIHヒーターがないタイプのジャー炊飯器より広い面積を加熱することができるように、高火力を実現しました。
高火力での炊きあげと釜の中が高温に保たれることによってお米のα化を促進し、お米本来の甘味を引き出してくれます。

いつでもジャストな圧力に。

タイガーのJPI型などの圧力IHジャー炊飯器にはもう一つワザあり機能が。
それは、「可変W圧力」です。名前の通り、約1.25 気圧と約1.05 気圧という2段階の圧力を使い分けるこの機能。圧力を調整することにより、加熱時にはお米に均一に熱を加えながら高温を保ち、最後には、高温でむらすことでごはん粒を炊きしめ、べたつきをおさえた仕上がりに。
こうして実現するのは、もっちりとしながら一粒ひと粒弾力のあるごはん。圧力コントロールによる絶妙な火かげんで粘りを引き出し、毎日のごはんを特別な味わいに叶えます。

関連製品

いつも炊きたての幸せ。
キーひとつで土鍋で炊く理想に近づく火力、泡立ち。

泡火ほうび炊き
JPI-G100/G180

もっと炊きたてを知るコラム