美味しいごはんの炊き方

美味しいごはんの炊き方 #6
ごはん料理・無洗米・玄米の研ぎ方や炊き方のコツは?

おにぎりやカレーなどの料理に合った研ぎ方や炊き方のポイントは?
同時に、無洗米や玄米についても教えていただきました。

おにぎり、お寿司やカレー

お米の食感を残した方がよいのでかために炊き上げましょう。炊く量や炊飯器にもよりますが、カレーやお寿司の場合は適正目盛より2ミリぐらい下になるように、おにぎりの場合も少し減らして水加減を調整しています。 最近の炊飯器は、炊き分けメニューが豊富なので、よく作る料理に合わせて専用メニューが搭載されている機種を選ぶのも良いと思います。

無洗米

無洗米でも、実はサッと1回研いで表面の粉を落とした方が美味しく炊き上がります。

玄米

玄米は表面が硬い繊維質で覆われているので、研ぐ時はお米の表面を傷つけるようにしっかり力を入れて研ぐこと。また、玄米は白米よりも水を吸いにくいので、最低でも6時間は水に浸けておきましょう。

教えてくださったのは...

玄米屋ウエトミ
上田 那未さん

京都府八幡市で無農薬玄米を取り扱う「玄米屋ウエトミ」店主。米・食味鑑定士をはじめ、認定5ツ星お米マイスター、水田環境鑑定士、雑穀エキスパートなど、様々な資格を所有。

関連製品

炊きたて50周年の最高傑作。
土鍋にしかできない、究極の炊き技。

土鍋ご泡火ほうび炊き
JPL-G100

いつも炊きたての幸せ。
キーひとつで土鍋で炊く理想に近づく火力、泡立ち。

泡火ほうび炊き
JPI-G100/G180

もっと炊きたてを知るコラム