炊飯器かんたんレシピ

近藤幸子さんの団らん健康レシピ
旬の味を堪能するさつまいもの炊き込みご飯

団らん健康レシピ

近藤幸子さん

日に日に寒さが増すようになってきました。
気温の変化の激しい季節こそ、体調管理が大切。「団らん健康レシピ」では、身体に優しくパワーを与えてくれて、子供から大人まで家族みんなで楽しめるメニューを紹介します。

料理家の近藤さんによる、体に優しく、家族みんなが喜ぶレシピ。
第2回目は炊き込みご飯。旬の素材であるさつまいもをたっぷり使った味です。

「さつまいものほっくりした食感と甘さが味わえます。さらに、炊いている間に昆布とベーコンの旨味が、ご飯とさつまいもに染み渡ってとても味わい深く仕上がります。子供も大人も大好きな味ですよ。材料を切って、混ぜて炊くだけなので、手軽に試していただけます」

さつまいもは、いも類の中でもビタミンCの保有率がいちばん高く、食物繊維も豊富。
皮膚や血管の老化を防ぎ、腸内環境を整える働きもあります。それらの栄養は、皮や皮と実の間に多く含まれているので、ぜひ皮ごと召し上がってください。
さつまいもの甘さとベーコンの塩味の組み合わせが絶妙。「おかわり!」の声が聞こえてきそうです。

さつまいもの炊き込みご飯

作りやすい分量

〈材料名〉

  • 米 2合(300g)
  • 水 400cc
  • 切り昆布(生) 80g(乾燥のものを使う場合は10g)
  • ベーコン(薄切り) 6-8枚(110-150g)
  • さつまいも 150g
  • しょうゆ 大さじ2(36g)
  • みりん 大さじ1(18g)

作り方

1.米は研いで水に浸し、30分以上置きます。

2.切り昆布は洗って食べやすい長さに切ります。

3.さつまいもは皮付きのまま1cm厚さの輪切りか半月切りにし、水にさらします。ベーコンは2cm幅に切ります。

4.炊飯器か土鍋に、水気を切った米、調味料を加えてよく混ぜ、2をのせます。

5.炊飯器の場合はそのまま炊いて10分蒸らします。土鍋の場合は火にかけて中火で13分熱し、火を止めて10分蒸らします。蒸らし終わってから全体を混ぜていただきます。

さあ、召し上がれ

料理:近藤幸子 写真・動画:枦木功 文:晴山香織

近藤幸子
(こんどうさちこ)

料理研究家、管理栄養士。料理教室「おいしい週末」主宰。1976年、宮城県生まれ。雑誌や書籍などで活躍中。家族のために作る料理や等身大のライフスタイルが人気。近著に『がんばりすぎないごはん』(主婦と生活社)がある。

もっと炊きたてを知るコラム