お知らせ

2016年11月18日
熊本県・菊池市にて「菊池米・食味コンクール」が開催されました

11月13日、熊本県菊池市の菊池市総合体育館にて「菊池米・食味コンクール」が開催されました。

菊池米・食味コンクール

阿蘇外輪山に源流をもついくつもの美しい水源と肥沃な土壌、朝夕の気温差が激しいなど稲作にふさわしい環境が整った美味しいお米の有名な生産地である菊池市。
昨秋、開催された「第17回 米・食味分析鑑定コンクール 国際大会」では、菊池米の『にこまる』が最高賞の金賞を受賞しており、その食味は現在も高く評価されています。
この日の審査に臨むのは、菊池米コンクールにエントリーした340検体から選ばれた30検体。控室には当社の炊飯器「JPC-A100型」がずらりと並び、よりすぐりのお米を次々と美味しいご飯へと炊き上げていきました。

ずらりと並んだ炊飯器 JPC-A100型

12月3日~4日には、同じ菊池市総合体育館にて、熊本地震からの復興と復幸を目指した食の祭典「復光2016」が行われる予定です。メロン、牛肉、ごぼう、椎茸など、菊池の美味しい物が勢ぞろい。
もちろんお米も登場します。再び「JPC-A100型」を用い、今度は「第18回 米・食味分析鑑定コンクール 国際大会」が開催されます。
菊池の地は、当社社長・菊池家のルーツでもある運命的なご縁を感じる場所。
かつて白龍が舞い降りた伝説があり、現在でも守り神として鎮守されていることから、市長の江頭 実さまより当社取締役の和田隆弘に「龍虎のコラボレーションで12月の国際大会もがんばりましょう!」と、力強いお言葉を頂戴しました。

左:取締役 和田隆弘、右:菊池市長 江頭 実さま スタッフの皆さんは法被姿でお出迎え

左:取締役 和田隆弘、右:菊池市長 江頭 実さま / スタッフの皆さんは法被姿でお出迎え

第18回 米・食味分析鑑定コンクール 国際大会>>

癒しの里・菊池市>>

圧力IH炊飯ジャー JPC-A>>

お知らせ