お知らせ

2018年2月6日
Mono-Coto Innovation(モノコトイノベーション)2017

タイガー魔法瓶株式会社が、次世代を担う若者(中高生)の育成と共創を目的に参加した、Mono-Coto Innovation(モノコトイノベーション)2017 の活動をご紹介します。

Mono-Coto Innovation(以下MCI)とは

企業が出題するリアルなテーマ課題に対して中高生がアイデアをカタチにして挑み、デザイン思考を用いて中高生の発想力・実践力を育み、アイディアの試作品を競うコンテストです。
今大会には全国の中高生260人の応募から、145人が8月の予選大会に参加し企業らの出した五つのテーマに挑みました。そこから、各テーマ1位の5チームが12月に開催される決勝へ進み、4カ月かけて企業と一緒にアイデアを練り直した試作品を手に、シリコンバレーツアーをかけて渾身のプレゼンテーションを繰り広げました。

プログラムへの参画理由

常に、たかが「まほうびん」、されど「まほうびん」という意識があり、ブランド拡充を目指していますが、実は中高生層には弱いのではないかと考えることがあります。では、中高生にとって「まほうびん」ってなんだろうという思いがあり、MCI取り組みの話をお聞きしたのがきっかけでした。

タイガー魔法瓶がMCIにて出題したテーマ課題

「中高生が欲しくなる ”いまだかつてない" まほうびん」

私達が普段使用している「まほうびん」は、デザインが豊富(似ているものもある)・機能も優れている(保冷&保温性能が良い)けれど、アッと驚くような特徴に欠けているのではないか。そこで「こんなモノがあればよいのに!」といったモノを、中高生の視点から考え、創造していただきたいというのが、このテーマです。

決勝大会に向けての活動

見事予選を勝ち抜いた、チーム『にゅーだいれくしょん。』とタイガー魔法瓶のサポーター陣は、東京・大阪とそれぞれ活動場所が異なる為、日々はSNSを活用した意見交換、月1回のSkypeミーティング、2回の全員集合ミーティングを重ね、予選大会時のアイデアを再考し磨き抜き、試作品作成に取組みました。ミーティングを重ねる度に、議論の中身が濃いものとなり中高生メンバーの自信へと繋がっていく光景は、私共サポーター陣の心も動かし、熱いものを感じることが多々ありました。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

決勝大会と結果

決勝大会で、にゅーだいれくしょん。が発表したアイデアは、

慌ただしい放課後を「のびーマグ」でスムーズに!

朝は荷物が整理されているが、学校から帰る頃には荷物がかさばっている中高生の「帰りの準備をスピーディにスムーズに行いたい」という想いに着目。中に蛇腹の筒が入っており、リップクリームのように伸縮する「まほうびん」でした。

惜しくも準優勝という結果でしたが、渾身のプレゼンテーションは審査員や観覧者の胸に響き、FINAL後の意見交換の場では、メンバーの周りは沢山の感動の言葉と笑顔が溢れかえっていました。

  • 写真4

    ※左から木原 翔太郎君、吉原 賀子さん、戸澤 乃暖さん、桑原 晃奈さん

  • 写真5

※左から木原 翔太郎君、吉原 賀子さん、戸澤 乃暖さん、桑原 晃奈さん

  • 写真6
  • 写真7

約4ヶ月に渡るプログラムを通して得られた事

  • ⅰ)中高生が「まほうびん」をどのように感じ、何を求めているか、固定観念にとらわれない自由な発想やどんな視点で物事を見て考えていくのか、中高生に絞ったマーケティングのきっかけとなりました。
  • ⅱ)ゼロからイチを生み出すことを純粋に楽しむ事ができ、共創・創造することの素晴らしさを改めて感じることが出来ました。
  • ⅲ)企業にとっても学びの場。世の中のインサイトを見つけ、「まほうびん」を見つめ直す機会となりました。また、中高生が社会に踏み出すきっかけや、お互いの成長の一助の機会になりました。
  • ⅳ)中高生に対してはタイガーブランドを知るきっかけとなりました。またプログラムに携わる多くの人々に対してタイガーブランドの認知拡大へと繋がりました。

最後に

決勝大会の最後に、中高生メンバーの方、運営企業の方から、
「この4ヶ月間を通して、本当に色々な事を教えてもらえて嬉しかったです。まさに、一期一会。このメンバーに出会えてよかったです。」
「MCIに対して本気で関わっていただいたからこそ、今日を迎えることが出来ました。」
など、とても嬉しい言葉をいただきました。
4ヶ月間という長丁場の中で、私共も様々な事を学べたこと、中高生の感性に直に接する機会が持てたこと、そして何よりも、双方にとって非常に実りある有意義な活動でした。

「これからの未来は大人と若者でつくるものである」
この言葉が多くの方に届くことを願います。

写真8

Mono-Coto Innovationについて>>

「Mono-Coto Innovation 2017 FINAL」の動画はこちら>>

お知らせ