• トップページ
  • お知らせ
  • 東京家政学院大学との産学連携の取り組み ~東京家政学院大学の学生がつくる「楽しくヘルシーな“とらひめ”生活」~

お知らせ

2018年7月30日
東京家政学院大学との産学連携の取り組み
~東京家政学院大学の学生がつくる「楽しくヘルシーな“とらひめ”生活」~

タイガー魔法瓶では、学生の社会参加支援を目的とした産学連携の取り組みを行っております。
2015年からスタートし、今年で4回目になる東京家政学院大学との活動をご紹介します。

  • 東京家政学院大学との活動
  • “とらひめ”調理器 “とらひめ”

本活動では、毎年タイガー商品を使ったレシピ提案などの取り組みを行っております。
今年のテーマは「楽しくヘルシーな“とらひめ”生活」。
東京家政学院大学現代生活学部現代生活学科の学生が5つのグループに分かれて、“とらひめ”を活用した栄養バランスのとれた献立の作成に取り組みました。

・5/22(火)テーマ説明/グループワークの様子
まずは弊社社員より“とらひめ”についての商品説明と、テーマを発表。“とらひめ”の試食では、弾力感のある食感に「白米とは違う不思議な食感だけれど、チャーハンにするとおいしい!」という意見も出てきました。その後、グループワークにて「“とらひめ”でどのようなメニューができるか」アイデア出しを行ったところ、「餅米の代わり」「肉料理のかさまし」「サラダの具材」など、食生活について勉強されている学生の皆さまならではの視点で斬新なアイデアが続々と出てきました。
今後の展開が楽しみになる第一回目の授業でした。

  • グループワークの様子01
  • グループワークの様子02
  • グループワークの様子03

・7/10(火)調理実習・試食会
各班に分かれてレシピの試作・調整を繰り返した後はいよいよ試食会本番です。
和洋中、主菜、副菜とバラエティー豊かに“とらひめ”を活用して、限られた時間の中で手際よく調理する学生の皆さま。
あっという間においしそうなメニューが完成しました。

  • 調理実習・試食会01
  • 調理実習・試食会02
  • 調理実習・試食会03

完成したメニューがこちら

  • メニュー(1班)
  • メニュー(2班)
  • メニュー(3班)
  • メニュー(4班)
  • メニュー(5班)
インスタ映え間違いなし!野菜たっぷりレディースランチ

1班「インスタ映え間違いなし!野菜たっぷりレディースランチ」

「糖質を抑えて、食事をお洒落に」をコンセプトとした彩り豊かな献立です。

もち米じゃないよ~“とらひめ”だよ~

2班「もち米じゃないよ~“とらひめ”だよ~」

「いつもよりヘルシーな中華料理をお弁当に」をコンセプトに、当社のランチカップも使用したヘルシーで時短にもこだわった献立です。

濃い目の味付けでスタミナをつけたい男性にも、体型を気にする女性にもピッタリ!

3班「濃い目の味付けでスタミナをつけたい男性にも、体型を気にする女性にもピッタリ!」

「暑い毎日にパパッと簡単時短料理!!」をコンセプトに肉巻き“とらひめ”おにぎりにチャレンジ。

“とらひめ”だご汁でおいしくヘルシーにあったまろう!!

4班「“とらひめ”だご汁でおいしくヘルシーにあったまろう!!」

「野菜をたくさん使い、彩り豊かで栄養バランスも良く老若男女に食べられやすい献立」をコンセプトに、中高年にも好まれる献立に仕上がりました。

ダイエット中でも食べられる中華料理!

5班「ダイエット中でも食べられる中華料理!」

「ダイエット中でもたくさん食べたい方へ向けた中華料理」をコンセプトに。油っこいものが多い中華料理が、おいしくヘルシーなメニューに。

どの献立も味がおいしいのはもちろんのこと、たんぱく質・脂質・炭水化物のバランスや栄養素の量がよく考えられていて、学生の皆さまが努力を重ねて作り上げたことが伝わってきました。
サラダやだんご、餃子の具にまで変身した“とらひめ”に社員一同も驚いた表情でした。

  • プレゼンの様子

    プレゼンの様子
    どの班もコンセプトをしっかり立て、工夫した点や苦労した点を語ってくれました。

  • 講評

    当社デザインチームにも多数のアドバイスを頂いている、客員教授の松﨑照明先生からの講評

どの班も素晴らしく甲乙つけがたい内容ではありましたが、大学側の指導教員および関係者と社員の協議の結果、以下の通り表彰を行いました。

ベスト献立賞:1班、5班
ベスト“とらひめ”賞:3班

  • 1班
  • 3班
  • 5班

(左から、1班・3班・5班)

(上から、1班・3班・5班)

どの班も“とらひめ”という初めて扱う食材の特性をよく理解した上で、おいしく食べられてヘルシーな献立を考えられていて、“とらひめ”の可能性を引き出してくれました。
学生の皆さまの発想力から学ぶことも多く、社員にとっても大変貴重な時間となりました。

学生の皆さまのメニューは“とらひめ”SNSでも紹介して参ります。

▼“とらひめ”Facebook
https://www.facebook.com/torahime.tiger/

▼“とらひめ”Twitter
https://twitter.com/torahime_tiger

“とらひめ”についての詳しい情報はこちらから
https://www.tiger.jp/feature/JPE-A10Z/

お知らせ