• トップページ
  • お知らせ
  • 「農林水産省 中高生向け公開講座」で、無添加グルテンフリー食パンの講演を開催いたしました。

お知らせ

2018年8月27日
「農林水産省 中高生向け公開講座」で、無添加グルテンフリー食パンの講演を開催いたしました。

2018年8月10日に、農林水産省にて、農林水産省主催の「農林水産省 中高生向け公開講座 すごいぞ!農業技術 研究者と出会う夏休み」というテーマで、農研機構様と共同開発した「無添加グルテンフリー食パン」と当社の「IH ホームベーカリー<やきたて>KBD-X100」について講演しました。

  • 農林水産省
  • 講演

    左:農研機構 矢野裕之氏  
    右:朝日学生新聞社 遠藤貴之氏(司会)

【農林水産省 中高生向け公開講座】について
農業技術の開発に携わる国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構などの現役研究者を講師に迎え、私たちの生活に関わりの深い農業技術研究について、農業(現場)の現状と課題(背景)、問題解決のための研究開発(手法)、得られた成果(結果)までの一連の流れを物語のように体験できる中高生向けの公開講座です。

【講座内容】
当日は夏休みの中集まってくださった中高生 約30 名の受講者の皆様に、ふっくら焼けるグルテンフリー米粉食パンの共同開発事例から、技術開発の難しさや成功した時の喜びを紹介しました。参加した受講者の皆様は、農業に関心ある方も多く、興味深く熱心に質問する姿が印象的でした。
受講後のアンケートでは、「発想力や探究心などが多大な影響を与えることが分かった」といったコメントもいただきました。

  • 日時:2018年8月10日(金) 14:00-16:00
  • 場所:農林水産省 本館 7F 会議室
  • 主催:農林水産省
  • 講師:
    第一部 矢野裕之氏 講演
    • ○米粉100% の食パン開発の経緯
    • ○増粘剤やグルテン不使用でふっくらしたパンが焼けるのか?
    • ○「洗顔フォーム」をヒントにした研究開発の紹介
    第二部 矢野裕之氏とタイガー社員による座談会
    • ○ホームベーカリーの製品化に向けて 矢野様とタイガーの出会い
    • ○お客様目線での研究開発「妥協を許さない品質基準」
    • ○今後の課題、展望
  • 参加受講者: 関東、関西在住の中高生 約30 名
  • グルテンの生成をデモンストレーションする矢野裕之氏

    グルテンの生成をデモンストレーションする
    矢野裕之氏

  • 登壇したタイガー社員

    登壇したタイガー社員

熱心に耳を傾ける受講生の皆様
熱心に耳を傾ける受講生の皆様

  • 休憩時間も熱心に質問する様子

    休憩時間も熱心に質問する様子

  • IHとシーズヒーターの違いを説明

    IHとシーズヒーターの違いを説明

  • 写真①
  • 受講生にお土産をプレゼント

    受講生にお土産をプレゼント
    (クリアファイル、ミニノート)

  • 集合写真

IHホームベーカリー <やきたて> KBD-X100>>

IHホームベーカリー <やきたて> KBD-X100

お知らせ