プレスリリース

新CM!「ごはんは必ず、土鍋で炊くべし。」市川海老蔵さんが伝える「土鍋神話」篇

「炊きたて50周年」の最高傑作お披露目の新CM!
2020年8月2日(日)より全国でオンエア開始
~おかげさまで、シリーズ累計出荷台数約7,000万台突破!~

 熱制御テクノロジーで世界をリードするタイガー魔法瓶株式会社 (社長:菊池嘉聡、本社:大阪府門真市)は、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんを<炊きたて>イメージキャラクターに迎え、<炊きたて>50周年の記念CM「土鍋神話」篇を2020年8月2日(日)より全国でオンエアいたします。

 タイガーの<炊きたて>50周年記念モデルは、「土鍋圧力IHジャー炊飯器 JPL-A100」。 「土鍋で炊いたごはんはおいしい」。これは、理屈抜きに共有された、いわば「神話」ともいえるメッセージです。本CMでは、お米という「和の世界」と親和性の高い市川海老蔵さんが、土鍋ならではの高火力やこだわりの製法で、ごはんを甘く、美味しく炊きあげることを「土鍋神話」として伝えています。
 さらに、<炊きたて>シリーズの出荷台数は、1970年初号機発売から起算し、2020年5月末時点で累計出荷台数約7,000万台※(国内外含む) に達しました。本CMで披露している<炊きたて>50周年を機に開発した新製品「土鍋圧力IHジャー炊飯器 JPL-A100」は、「土鍋ご泡火炊き」に新たに「丹精仕上げ」や「おひつ保温」を搭載し、また、デザインも「用の美」を追求したものとなっており、より一層進化しています。
※1970年発売開始~2020年5月末までの累計出荷台数(国内外含む、自社調べ)

◆新CM概要

●タイトル:「土鍋神話」篇

●出演  :市川海老蔵

●放映地域:全国

●放映開始:2020年8月2日(日)
 ※CM動画はタイガー公式HPで本日より公開

●特設サイト「土鍋神話」URL :
 https://www.tiger.jp/feature/ricecooker/

 QRコードにアクセスすると
 動画をご覧いただけます。

TVCM概要

◆CMストーリー/撮影舞台裏

 本CMは、市川海老蔵さんのストレートな語りで描かれていきます。
 歌舞伎においても常に<最高>にこだわる市川海老蔵さんであれば、毎日食べる「ごはん」の炊き方にも<最高>のこだわりがあるのではないか。その考えから、市川海老蔵さんには「ごはんは必ず、土鍋で炊くべし」、「土鍋でなければ、ごはんが許さぬ」といった強い言い回しを追求してもらいました。 そして最後に、最高の<炊きたて>で炊いたごはんのあまさを、市川海老蔵さん自らが味わい、表情も緩んでしまうというストーリーです。

 世界観を形成するセット、衣装、音楽などは、すべて「極限の和」というテーマのもと作り上げています。セットの襖絵は、和歌山県の無量寺(むりょうじ)にある、長沢芦雪(ながさわろせつ)という有名な絵師が描いた虎図をCM用に再現しました(30秒ver.で絵のアップも見られます)。また音楽は、本格的な日本映画を彷彿とさせるような、静かに始まりドラマチックに盛り上がる展開で、土鍋の高火力を表現すべくオリジナル楽曲を制作しました。最後に流れるサウンドトラックでは、「タイガー土鍋ごはん、炊きたて」と歌詞を変え、<タイガー=土鍋>という刷り込みを図っています。
 演出・岡田隆氏、撮影・半田也寸志氏というCM業界においても熟練にして<最高>のスタッフが、市川海老蔵さんと「あ・うんの呼吸」で作り上げたCM。じっくり味わっていただければと存じます。

◆炊きたて新TVCM「土鍋神話」篇 ストーリーボード

市川海老蔵さんプロフィール:
1977年12月6日生まれ。
1983年歌舞伎座「源氏物語」の春宮で初お目見得。
1985年5月歌舞伎座「外郎売」の貴甘坊を勤め七代目市川新之助を名乗り初舞台。
2004年歌舞伎座にて市川海老蔵を襲名。日本の伝統芸能を次世代に伝えるべく、『古典への誘い』『ABKAI』などの自主公演にも力を入れている。国外では、パリやロンドン、ローマなど海外の公演も積極的に行う。

市川海老蔵さんコメント:
「炊きたて50周年の最高傑作、すごいです。 土鍋ごはんはやっぱりおいしい。
みなさん、この違いを、ぜひ味わってください!」

◆CMスタッフリスト


◆発売記念キャンペーン開催決定!

期間中、土鍋圧力IHジャー炊飯器JPL-A100をご予約の上、ご購入されたお客様全員を対象に、
「炊き比べ銘柄米6種セット」または「ごはんのおとも6種セット」をプレゼント!
■期間:2020年9月9日まで ■応募方法:Webで受付

詳しくはキャンペーンサイトをご覧ください
⇒ https://www.tiger.jp/campaign/jpla100/

参考情報 | 炊きたてシリーズ「50周年記念モデル」新商品のご紹介

【商品概要】

ストーンブラック<KS> コーラルホワイト<WR> / 本土鍋 土鍋中ぶた

品名:土鍋圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>土鍋ご泡火ほうび炊き

品番:JPL-A100

炊飯容量:0.5合~5.5合

希望小売価格:オープン価格*
*オープン価格の商品は希望小売価格を定めていません。

発売日(予定):2020年9月10日(木)

JPL-A 製品詳細ページ
https://www.tiger.jp/product/ricecooker/JPL-A.html

タイガー魔法瓶「土鍋神話」特集ページ
https://www.tiger.jp/feature/ricecooker/

【商品特長】

①高火力とやさしい泡立ちでお米の旨みを守る
 「土鍋ご泡火(ほうび)炊き」に新たな「丹精(たんせい)仕上げ」を採用

 内なべには本物の土からできた蓄熱性の高い「本土鍋」を使用。最高温度約280度※の土鍋の遠赤効果による輻射熱で旨みをじっくりと引き出します。
 また、土鍋ならではの細かい泡がお米を包んで表面を守るため、旨み成分を閉じ込めて、表面つややか、もっちりとした食感に炊きあげます。
 さらに、仕上げ工程に甘みとハリを引き出す「丹精(たんせい)仕上げ」を採用。
 「多段階圧力機構」で段階的に圧力をコントロールすることで、仕上げ段階の蒸らし温度を高く維持させながら、やさしく温度変化させ、お米の甘みを引き出します。新搭載の「ハリつやポンプ」は高温蒸らし時に発生する過剰な熱と蒸気を取り除いて、余分な水分をコントロールし、ごはんのハリを引き出します。
※内なべ外側の底面温度

ごはんの甘みとハリを生む「丹精仕上げ」

②新搭載の"ハリつやポンプ"で
 おいしさそのまま「おひつ保温」


 新しい保温システム「おひつ保温」を採用。木製のおひつのように、「ハリつやポンプ」が呼吸で空気・水分を上手にコントロール。外気を取り込み、熱と蒸気を放出させ、まるで"呼吸"をするように土鍋内の湿度や環境を整えます。

③土鍋中ぶたで炊飯空間を最適化
 「一合料亭炊き」が0.5合炊きにも対応!


 通常、5.5合炊きで1合を炊飯すると、炊飯空間が大きくなりすぎるため、お米一粒ひと粒に熱を均等に伝えることが難しくなります。本商品は専用の土鍋中ぶたを用いて炊飯空間を小さくすることで、炊飯空間を1合に最適化し、お米に熱を均等に伝え、香り高く、甘みのあるごはんに仕上げます。
 新製品では、さらに少量のお茶碗一膳分(0.5合)や炊込みごはん(1合)にも対応。

●「一合料亭炊き」で炊飯空間を最適化 / (白米1合のイメージ図) 中ぶたを使わない炊飯時 中ぶたを使った炊飯時

参考情報 | タイガー魔法瓶

 1970年に初代モデルを発売して以来、「いつでも炊きたてのおいしいごはんが食べられるように」という思いを込めて販売を続けてきたジャー炊飯器の<炊きたて>シリーズは、おかげさまで今年で50周年を迎えました。ごはんのおいしさへのあくなき追求により、<炊きたて>は日々進化を遂げながらシリーズを代表とする「土鍋」を使ったIHジャー炊飯器といった商品が生まれました。
 50年の累計総出荷台数は約7,000万台※に及び、国内外の多くのご家庭で長年ご愛用いただいています。
※1970年発売開始時~2020年5月末までの累計出荷台数(国内外含む)

 現在に至るまで、当社は炊飯器や調理家電などの「熱コントロール技術」とステンレスボトルや保温ポットに代表される「真空断熱技術」を用いた製品づくりで、さまざまな暮らしのシーンに快適さと便利さを提供しています。

▼タイガー魔法瓶 公式サイト
https://www.tiger.jp/

▼タイガー公式SNSアカウント
Instagram https://www.instagram.com/tiger_pr_jpn/
Twitter https://twitter.com/Tiger_PR_JPN
Facebook https://www.facebook.com/Tiger.PR.JPN


タイガー魔法瓶NEXT100年ステートメントムービー
「Do Hot! Do Cool!」公開中!

タイガー魔法瓶は2023年に創立100周年を迎えます。
創立以来、「真空断熱技術」と「熱コントロール技術」を用いた、
高次元の熱制御にこだわり続けてきました
次の100年も変わらずこの技術を活かして、
「世界中に幸せな団らんを広める。」ことを実現してまいります。

「Do Hot! Do Cool!」
100年を、あたたかく。100年を、カッコよく。
https://youtu.be/MQe_G1aveuM