プレスリリース

タイガー真空断熱ボトルが2021年度グッドデザイン賞受賞 

タイガー真空断熱ボトルが2021年度グッドデザイン賞受賞
~MMP型・MMZ型はロングライフデザイン賞を受賞~

 熱制御テクノロジーで世界をリードするタイガー魔法瓶株式会社(社長:菊池嘉聡、本社:大阪府門真市)は、海外向け販売の真空断熱ボトルMCS-A050(2022年春発売予定)において2021年度グッドデザイン賞を、そして真空断熱ボトルMMP型・MMZ型において、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しました。
 保冷専用の真空断熱ボトルMCS-A050は各国で広がる脱・プラスチックストローの流れを受けて、衛生的なステンレス製ストローを飲み口に採用。ふた部分のループにはボタンがついていて、片手で開閉しやすく、ボトルや首を大きく傾けずに手軽に水分補給をしていただけます。
 真空断熱ボトルMMP型・MMZ型はスクリュータイプのせんに本体というシンプルな構造ながら、軽さや飲み心地のよさを追求して、年々進化を遂げてきた定番商品です。2021年8月に発売した新商品のMMP-K型、MMZ-K型からは抗菌加工を施した中せんとパッキンを採用し、より衛生的にご使用いただけます。
 タイガー魔法瓶の真空断熱ボトルは、品質を極めた誠実なものづくりを目指し「NO・紛争鉱物」「NO・フッ素コート」「NO・丸投げ生産」「NO・プラスチックごみ」の4つの約束を掲げています。タイガー魔法瓶はこれからもデザイン性にこだわりながら、人権、健康、環境に配慮した真空断熱ボトルをお届けしてまいります。

真空断熱ボトル MCS型
真空断熱ボトル MMP型、MMZ型

■受賞理由(グッドデザイン賞審査委員による評価コメント)

MCS型:
 シンプルに片手だけの動作で飲むことが可能なストロー型ボトルは、様々なシーンで活躍することがイメージできる。手の力が弱った高齢者でも、持ち上げずに吸うだけで、好みの温度を保ったまま水分補給を可能とし、誰にでも広がる可能性のあるデザインに評価が集まった。材質もステンレスとし、メンテナンス性も高く、衛生面への配慮も良い。
※MCS型は保冷専用商品です。

MMP型、MMZ型:
 1923年設立のタイガー魔法瓶が、創業時から追求する真空断熱ステンレスボトルは夢重力ボトルとも称され、その軽量さ、抗菌加工による清潔さ、飲み心地の良さを達成した。保温性を向上するための広口でマグカップのような口当たりと滑らかな飲み口は傑出している。ステンレス真空二重構造により保温力と保冷力を強化し、飲み頃の温度を長時間維持することも可能となった。またステンレスボトルの座部にレーザー溶接を施すことにより隙間から内部への水滴の侵入を防ぐことができ、丸洗いが可能で洗浄後の水切りも優れている。ミニマルなデザインの形状と仕上げの美しさは長期にわたる使用を約束してくれる。

【受賞商品】

真空断熱ボトル MCS-A050(海外向け商品) 2022年春発売予定

 飲み口にステンレス製ストローを採用した保冷専用ボトルで、非プラスチックストローへの機運が高まるASEAN、中華圏等で発売予定。片手で開けやすい設計の「ループせん」となっており、カフェやドリンクサーバーで飲み物を買って飲む際にもアクティブに持ち運んでいただけます。
 ストロータイプは首やボトルを大きく傾ける必要がなく、昨今のマスク着用時でも飲みやすい構造です。ステンレス製ストローは汚れやニオイが残りにくく、耐久性も高いので、衛生的に長くご使用いただけます。

MCS-A050 (0.5L)
カラー:左からレッドオーカー<RO>,クリアーステンレス<XC>,フォグブルー<AF>

真空断熱ボトル MCS-A050/片手で開けやすい設計の「ループせん」

真空断熱ボトルMMP-K型、MMZ-K型
(MMP型・MMZ型の2021年8月発売の新商品)

 飲み口上部をカールさせることで、マグカップのような口あたりを再現したなめらか飲み口のボトルです。内面には環境負荷の高いフッ素コートを使わずに、独自の電解研磨技術「スーパークリーンPlus」を施し、汚れやニオイがつきにくく、さっと洗うだけで清潔にお使いいただけます。
 高まる衛生面のニーズを受けて、新商品では「抗菌加工」の中せんとパッキンを採用しました。(中せんはSIAA認証済)

抗菌加工せん/(中せん)

MMP-K020 (0.2L)・MMP-K030 (0.3L)
カラー:左からローズピンク<PE>,ディープブラウン<TE>,マットステンレス<XM>
https://www.tiger.jp/product/bottle/MMP-K.html

MMZ-K035 (0.35L)・MMZ-K050(0.5L)・MMZ-K060(0.6L) 
カラー:左からフロストホワイト<WF>,ミスティピンク<PM>,スチールブラック<KS>,マットステンレス<XM>
※MMZ-K060はスチールブラック<KS> ,マットステンレス<XM>の2色展開
https://www.tiger.jp/product/bottle/MMZ-K.html

真空断熱ボトル MMP-K型/※写真は、MMP-K030
真空断熱ボトル MMZ-K型/※写真は、MMZ-K050

グッドデザイン賞について

 1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。https://www.g-mark.org/

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞について

 ロングライフデザイン賞は、長年にわたり作り手と使い手、社会との対話の中で醸成され、暮らしや社会の礎となり、未来においてもその役割を担い続けてほしいデザイン、時代と共に変化する価値観を超えて、スタンダードであり続ける力を持ったデザインを顕彰する賞です。

タイガー真空断熱ボトルの4つの約束

タイガー魔法瓶株式会社の真空断熱ボトルは、
2020年度より「未来を水筒につめて。」をメッセージに、「4つの約束」を掲げています。
人権や、健康や、環境や。愛するものがあるから。タイガー真空断熱ボトルは、皆様に約束します。

NO・紛争鉱物

武装勢力の資金源として採掘されている鉱物を使いません。
人の苦しみの上につくられた原材料は、一切使いません。

※タイガー魔法瓶株式会社では、製品の製造に使用する材料や構成部品に含まれる鉱物資源が、社会的な影響を及ぼしていないかどうかサプライチェーンで確認を行い、懸念鉱物がある場合には、不使用に向けた取り組みを推進しています。当社は、人権侵害等の不正にかかわる紛争鉱物を原材料として使用しないコンフリクトフリーを目指し、サプライヤーの皆様とともに、取り組んでいきます。

NO・フッ素コート

環境負荷の高いフッ素コートを全真空断熱ボトルで使わずに同等レベルの防染を別の技術※で実現しています。
コートはがれがないので、末永くご愛用頂けます。

※当社独自の「スーパークリーンPlusプラス加工」を施し、凹凸が極限まで少ない、なめらかな表面を作りだすことで、汚れやニオイやサビを防ぎます(一部商品を除く)。

NO・丸投げ生産

お客様の健康を守り、品質を担保するために、コストがかかっても
年間約800万本にのぼる全ての真空断熱ボトルを自社工場※で生産しています。

※タイガー魔法瓶の生産拠点として、日本・中国・ベトナムにそれぞれ自社工場を保有しています。(生産本数は2019年度実績)

NO・プラスチックごみ

タイガー真空断熱ボトルをマイボトルとして愛用して頂くことで、
国内で年間約252億本※消費されるペットボトルの削減に寄与します。

※PETボトルリサイクル推進協議会2018年度調査より引用


タイガー魔法瓶 NEXT100年ステートメントムービー「Do Hot ! Do Cool !」公開中!

タイガー魔法瓶は2023年に創立100周年を迎えます。
創立以来、「真空断熱技術」と「熱コントロール技術」を用いた、
高次元の熱制御にこだわり続けてきました。
次の100年も変わらずこの技術を活かして、
「世界中に幸せな団らんを広める。」ことを実現してまいります。

「Do Hot ! Do Cool !」 100年を、あたたかく。100年を、カッコよく。
https://youtu.be/MQe_G1aveuM