プレスリリース

2014年8月19日
IHスーププロセッサー

スープメーカー&フードプロセッサーの2役をこなす

調理家電の新ブランド 『GRAND X(グラン エックス)』シリーズ

概要

タイガー魔法瓶株式会社(社長:菊池嘉聡、本社:大阪府門真市、資本金:8,000万円)は、 「感動の、おいしさを。」をコンセプトとして、調理家電の新ブランド『GRAND X(グラン エックス)』「IHスーププロセッサー」を9月21日に新発売します。

開発背景

スープは日常生活のあらゆるシーンで食べられており、ますます身近な存在になっています。手軽にさまざまな種類のスープを楽しむことができるため、外食スープ産業市場は増加傾向にあり、野菜などから普段とりづらい栄養素を簡単にとれることで、 特に女性から熱い支持を受けています。このようなスープ人気から、自宅でも簡単においしく、栄養たっぷりのスープを食材の調理からあたためまで1台で簡単に作れる「IHスーププロセッサー」を開発いたしました。さらに、スープの調理だけではなく、 フードプロセッサーとしても機能するため、より、自宅での料理の幅を広げることができます。

製品特長

●1台で「スープメーカー」+「フードプロセッサー」の2役をこなす「IHスーププロセッサー」

具材を入れて、お好みのスープの仕あがりに適したキーを選んで押すだけで、
口当たりがなめらかな「飲むスープ」と、具材の歯ごたえがある「食べるスープ」の2種類のスープを作ることができます。
さらに、フードプロセッサーとしても活用できるため、スープに限らずさまざまな料理の下ごしらえも可能です。

飲むスープ/食べるスープ/きざむ

●「IHヒーター」搭載でじっくりとこげつかず煮込む

IHヒーターを搭載することで、強火で加熱をスタートし、続いてとろ火でじっくり煮込むなどの細かい火力調整で調理することができます。
味が染み込みやすい温度をキープしながら煮込むので、こげつきにくく、食材にしっかりと火を通して旨みを引き出すことができます。

●2つの「スープ自動コース」機能

「飲むスープ」「食べるスープ」の2つのコースを搭載。具材を入れてから約30分で、自動であたたかいスープができあがります。
また「あたため・再加熱」を使えば調理後、保温に切り替わったあとに牛乳や生クリームなどを入れて仕あげる場合や、調理後のカップに残った保温中のスープをあたためなおす場合に使えて便利です。

●たっぷり600mLサイズのフードプロセッサー機能

たっぷり容量のフードプロセッサー機能なら約650gの料理の下ごしらえも可能です。
ハンバーグのたねであれば、4人分を一度に調理できます。
※液体の場合

製品仕様

製品仕様

※ 全ての部品を含む(レードル、ヘラつきブラシ、カッターブラシを除く)
※ オープン価格の商品は希望小売価格を定めていません。