世界へ広がるタイガーブランドWho We Are

私たちが掲げるVision「世界中に幸せな団らんを広める」という目標に向かって、グローバルネットワーク強化に取り組んでいます。

販売国世界約60か国。
広がるグローバルネットワーク。

現在、日本以外に中国、台湾、香港、インド、アメリカに営業拠点を展開。
また生産拠点として日本、中国に加え2012年11月にはベトナム工場を操業開始しました。
販売網は、アジア、アメリカのみならず、ヨーロッパや中東まで広がっており、
世界約60か国でタイガー製品は販売されています。

ベトナム工場を新設

1,200万US$を投じ、上海工場に続く、いわゆる「China+1」の製造拠点として設立。急拡大するアジア市場は勿論、今後の更なるグローバル展開への大きな礎となります。また、2013年11月には本社の品質管理棟をリニューアルし、2015年3月には東京支店の移設を実施。社員が能力を最大限に発揮できるよう、ハード面の拡充を進めています。

各国の食文化に合わせた製品展開

タイガー魔法瓶では、世界の国や地域により異なる食文化の特性やニーズに合わせた製品開発も積極的に行っています。
長粒米などお米の特徴に合わせたご飯の炊き方や、その地域ならではの食生活や食文化に合わせたメニュー開発やレシピ開発も行います。
今後も、独創性のあるアイデアで、付加価値の高い機能を提供しています。

アメリカ

オートミールコース搭載

アメリカではオートミールを食べる家庭が多くあります。そのようなメニューを独自に搭載することで、各国の食文化に合わせた機能を提供しています。

中国

グリル鍋用仕切り鍋

中国では、火鍋を食べる習慣があることから、2種類の鍋を楽しめる仕切り鍋を搭載したグリル鍋を販売しています。こちらも食文化に合わせた機能を持った製品です。

アジア

ステンレスボトルの
カラーバリエーション

ステンレスボトルでは、海外向けカラーも導入しています。例えば、海外向け限定でステンレスカラーを採用するなど、人気のカラーでもその地域に合わせたラインナップを行います。

今後のグローバル展開

タイガー魔法瓶では、マーケティングと販売、生産機能を活かしながらエリアごとのニーズにスピーディーに対応。これからはアジアを中心とした新興国の他、ヨーロッパへのネットワーク拡大も進めています。

世界中で多様化していくニーズの中、信頼のタイガーブランドを通して、消費者に感動を与える企業であり続けます。
タイガー魔法瓶では、若手からでも、海外出張など世界で活躍できる舞台は数多くあります。

海外営業はもちろん、製品開発や品質管理、生産など製造に携わる分野においても、グローバルに対応していく人材が必要です。

海外での活躍をサポート!

外国語研修・海外実務研修

社内ではグローバル化に伴う、様々な研修制度があります。英語、中国語、ベトナム語の社内語学研修を始め、社外語学教室へのプライベートレッスン受講料補助制度など、語学の自己啓発をサポートしています。
業務上でも、海外出張の機会や、海外向けの文書への対応、外国人とのコミュニケーションの機会も増えており、毎年多くの社員が希望する人気の研修制度です。
更に、グローバル人材育成のため、海外実務研修制度があります。
若手社員を対象にアメリカ、中国の現地法人で1年間実務研修を経験できる制度です。今までに10名以上の社員が海外実務研修を受け、帰国後も社内で活躍しています。

タイガー魔法瓶の豊富な研修体制

「エントリー」または
「説明会・イベント」の申し込み

  1. 採用トップ
  2. タイガー魔法瓶を知る
  3. 世界へ広がるタイガーブランド