海外営業キャリアCareer Plan

入社10年目で現地法人代表を務める司波と、
日本で海外営業を担当する保居。
香港と日本で連携しながら海外戦略を進める2人が、
インターネット電話を通じて海外営業としての
やりがいやキャリアについて語ってくれました。

  • 2007年入社
  • 海外営業(香港)
  • 司波 隼人

タイガーコーポレーション香港の社長、ASEAN営業推進室室長。現地法人の運営・管理だけでなく、ASEAN地域の営業も担当。

1年目

  • 海外営業グループに配属。
    入社当時の海外営業担当は
    5名だった。

2年目

  • 海外営業グループの中で、香港、ASEAN担当となる。

7年目~現在

  • 現地法人タイガーコーポレーション香港へ
    出向。同時にASEAN推進室の室長となる。
  • 2010年入社
  • 海外営業
  • 保居 潤

海外営業グループでシンガポール、ベトナム、タイを担当。
現地代理店に対しての営業活動のほか、商品の生産手配や出荷の管理も行う。

2年目

  • 東京支店に配属。
  • TVショッピングの業務に携わり、細かい商品知識を学ぶ。

5年目

  • 海外営業グループに配属。
  • 北米担当となり、貿易に関する知識を学ぶ。

6年目

  • タイで電気製品の展開をスタート。
  • タイで炊飯ジャーを販売するための、
    規格認証や様々な手続きを担当。

国内では経験できない仕事でのチャレンジ

国内では経験できない

仕事でのチャレンジ

保居
私は、国内の営業推進グループでTVショッピングなどを担当した後、海外営業グループに配属されました。
当初は、海外営業の業務がなかなかイメージできなかったんですが、北米担当として製品の輸出や出荷関連の貿易業務を学ぶところからスタートしました。
司波さんが入社された頃の海外営業はどのような感じだったんですか?
司波
私が2007年に中途採用で入社した当時の海外営業グループは5名でした。少人数だったので、入社して間もない頃に責任ある担当を任されました。
英語を使った仕事の経験はあったものの、メーカーの製品を販売するために英語で交渉するということは初めてだったので、苦労した思い出がありますね。
保居
司波さんもご存知のことだと思いますが、私もタイの担当になった時に同じような経験がありました。
タイで炊飯ジャーを展開することになった時、タイの電気規格に合った製品を販売するために工場監査を受けたんです。書類を見ながらいろいろと英語で質問をされ、それを英語で答えなければならなかったので本当に大変でした。もともと語学に自信があったわけではないのですが、この時ほど“やればできる!”と思ったことはないですね。
司波
そうですね、失敗や苦労することはあるけれど、とても良いチャレンジだったんじゃないかな。
海外営業は国内に比べて仕事内容の幅が広いし、いろんな国の事情も把握しながら仕事をしないといけない。
保居くんは本社の期待を背負いながら、新しいことにもチャレンジしながら頑張ってくれていると思いますよ。
保居
ありがとうございます!
司波さんには、いろいろ相談にのっていただいたり、アドバイスをいただけるのでありがたいです。
司波さんと一緒にタイ出張する際は、学ぶべきことが本当に多いと思っています。

海外営業の仕事をする上で、大切にしていること

海外営業の仕事をする上で、

大切にしていること

保居
海外営業の仕事をする上で大切なことは、勇気を持って諦めずに仕事に取り組むことだと思っています。ASEAN地域でもそれぞれ国の事情が違うので勉強は必要だと思いますが、諦めずに取り組むことで前に進めると思うんです。
司波
それは、確かにそうですね。私も様々な国を担当していますけど、その国の事情はやっぱり現地に出向かないとわからないことが多い。
その経験を活かしながら、それぞれの国でどうやったら販売が伸びるのか、流通網はどうするのかなど総合的に戦略を立てていきたいですね。
保居
私は、現地で営業をするにあたって、もっと英語のスキルアップが必要だと考えているのですが、司波さんはどう思われますか?
司波
もちろん、英語のスキルアップは必要になると思います。
でも、それ以上に海外営業の仕事で必要だと思うのは、海外のスピード感についていける柔軟な発想と、先ほど保居くんが話したチャレンジ精神だと思いますね。
香港に駐在している他社の方ともよく話すんですが、海外マーケットのスピード感についていくためには、自分で考えて正しいと思うことを、まず行動に移すことが大切だと思います。語学に関しては、通訳を介することもできますし、それよりも現場での肌感を大切にする方が重要だと思いますね。
保居
なるほど、いつも参考になることをありがとうございます。また、出張の際はいろいろ勉強させてください。
司波
了解しました。
今後も、持ち前のチャレンジ精神で頑張っていきましょう!

今後目指すキャリア

より多くの人にタイガーブランドを。

一番現場に近いところで消費者の声を聞いている経験を活かして、マーケティングや流通網など各国の全体戦略を立てていきたいです。
また、日本国内と違い、ASEAN地域ではタイガー魔法瓶の知名度が高くないので、より多くの方にタイガーブランドを知ってもらうためのブランディング活動に力を入れていきます。

ASEAN地域の事業拡大を目指して。

国内営業で基本的な商品知識を学んだ上で、現在、海外営業をしているわけですが、ASEAN地域の事業拡大に貢献したいです。
営業スキルだけでなく、宣伝広告などのマーケティング知識や語学力もスキルアップさせて日々成長していきたいと思います。

「エントリー」または
「説明会・イベント」の申し込み

  1. 採用トップ
  2. タイガー魔法瓶でつくるキャリア
  3. 海外営業キャリア