髙橋 章浩

商品設計2013年入社

難しいことを、楽しみに変えて
商品化を実現していく

自ら行動を起こすことが、商品企画を実現するための力に

設計チームの仕事は、図面を描くことがメインのように思われますが、商品の企画を形にするための様々な業務があります。

例えば、素材や部品を選定や、モデルの試験、試験方法の検討など商品に関する様々な業務を行っていきます。

仕事を行う上で大切にしていることは、自分から行動を起こすことです。まだ世の中にない商品を形にする最初のステップを担うのが設計チームです。なので、自ら主体的に仕事を進めないと商品化に辿り着けないことを実感しています。

生の声を活かすことで、設計の仕事の幅が広がる

普段はオーブントースターの設計を担当していますが、業務用の「コンパクトピッツァ窯」の立ち上げを担当したことで意識の変化があったと思います。

設計を考えるにあたって、サンプルを実際のイタリア料理店やカフェで使ってもらい、意見を聞きながら作業を進めていきました。どのような場所に置くのか、サイズ感は合っているか、使い勝手はどうかなど、生の声を聞きながら設計に反映させていく作業がとても新鮮でやりがいを感じました。

設計の仕事には、実際にお店などに足を運んで情報収集をし、その知識を自分のものにする探究心が必要だと思うようになりましたね。

難しいからこそ、おもしろいと思える仕事

入社した頃は、漠然と新しい商品を作りたいと考えていたんですが、実際に設計チームで働いてみて、商品を企画する段階よりも“どうやって作るか”というところが難しく、それが逆におもしろいと感じています。

1つの部品をただ使うだけではなく、その部品を“どう使うか”ということが大切で、そのアイデアの幅を広げることが、設計という仕事をする上で欠かせないことではないかと思うようになりました。

今はまだ勉強しなければいけないことも多いですが、今後は商品企画のイメージを、しっかりと製品化できる力を身につけたいと思います。

1日のタイムスケジュール

7:00
起床~身支度・朝食
9:00
出社~メールチェック・準備
(フレックスを活用)
10:00
新商品の打合せ
12:00
昼食
13:00
トースター関連勉強会
14:00
取引先と商談
15:00
新商品の実験
18:00
設計図面の確認・修正
19:00
退社

オフの日の過ごし方

旅行に出かけることが多いです。連休や有休を使いながら、大自然を感じるような場所に出かけて、のんびり過ごす旅が好きです。若いうちにしか自由に旅行できないと思うので、北海道から沖縄までいろいろ行きたいですね。

社内での仕事が多いので、休日は意識的に出かけるようにしています。また、学生時代にテニスをしていたので、今も同期メンバーとすることがあります。

学生のみなさんへメッセージ

大学などで学んだ専門知識というよりも、課題に対してどう取り組むかということがその人の能力になると思います。
仕事には視野の広さや幅広い知識が求められるので、専門知識に囚われずに、やってみたいと思う仕事にぜひ
チャレンジしてもらいたいと思います。

「エントリー」または
「説明会・イベント」の申し込み

  1. 採用トップ
  2. 社員紹介
  3. 髙橋 章浩