林 優紀

国内営業(東京)2014年入社

新しいことに取り組める環境で
挑戦を続けていきたい

営業担当としてテレビ通販の実演も行う

東京支店の営業担当といっても、量販店や専門店、代理店など様々なルートがあるのですが、私が入社2年目に配属されたのはテレビ・ラジオ・カタログの通販担当でした。営業の中でも特殊な担当だったので、配属された時に驚いたことを覚えています。

テレビ通販では、商品の提案から放送に必要な資料作成、生放送当日は実際に炊飯などの実演をすることもあります。
番組に出演して商品を紹介する時もそうですが、お客様にどのように訴求すれば販売につながるかがダイレクトにわかる仕事なので、やりがいも責任も同時に感じています。

可能性を見つけてチャレンジすることの大切さ

私は、テレビ通販だけでなくカタログ通販も担当しているのですが、2016年の夏にリバイバルした氷削り機「きょろちゃん」を展開した時のことが強く印象に残っています。

「きょろちゃん」は子供向け商品のため、30~40代女性をターゲットにした通販カタログでの展開は難しいんじゃないか、と勝手に思っていました。しかし、チームの先輩から「きょろちゃんを提案してみたら?」という一言を頂き、思い切って提案してみると想像以上に反応が良く、大きな枠で取り扱って頂けることになりました。

決まったからには販売につなげなければいけないので、社内の営業企画や広報宣伝チームとも連携をとりながら写真素材や販売施策にこだわりました。結果は、大人の女性からの「懐かしい!」という反響がとても大きく、「きょろちゃん」は早々に完売してしまうほどの人気をいただきました。
この時、私は先入観だけで決めつけず、何でもチャレンジしてみることがいかに大切かということを実感しました。

チャレンジできる環境で、自分ができること

可能性を見つけて、チャレンジすること。先輩の姿から学んだその姿勢は、私が現在仕事をする上でとても大切なテーマになっています。

タイガー魔法瓶は、女性プロジェクトとして斬新なアイデアを盛り込んだ「tacook」を開発しているように、新しい取り組みにどんどんチャレンジできる会社だと思います。
ですから、私も営業として雑貨店や専門店のルートに挑戦したり、その先には営業で養った経験を活かして商品企画の仕事にもチャレンジできればと思い描いています。

1日のタイムスケジュール

8:00
出社・メールチェック
8:30
ラジオ体操、朝礼
9:00
商品の出荷手配、
受注状況確認・売上チェック
9:30
商談資料・放送用資料の作成
12:00
昼食を食べてから取引先へ
13:30
商談
16:00
帰社。
商談で要望された事の
整理など
19:00
退社

オフの日の過ごし方

社宅に住んでいるメンバーとは仲が良いので、一緒にご飯に行ったり、おでかけすることが多いですね。
販売応援やテレビショッピングの放送が休日と重なる場合があるので平日に代休をとることもあります。
そんな時は、お笑いが大好きなので一人で劇場に行くこともあります。

学生のみなさんへメッセージ

就職活動や社会に出て働くことに不安を感じている人もいるかもしれません。大変なこともあると思いますが、
長い人生の中の数ヶ月と考えれば前向きになれると思います。
ぜひ、目先のことにとらわれず、自分自身が納得して働ける場所を見つけてください。

「エントリー」または
「説明会・イベント」の申し込み

  1. 採用トップ
  2. 社員紹介
  3. 林 優紀