林 優紀

広報宣伝(東京)2014年入社

愛着あるタイガーの商品たちを、
一人でも多くのお客さまに広めたい

何をどう伝えるか?プロモーションを設計

お客さまのもとに商品を届けるため、何をどう伝えるべきか、最適なコミュニケーションを設計・実行するのが広報宣伝チームの仕事です。

主に私が担当しているのは、主力商品である炊飯ジャーのプロモーション。例えば最近では、「一合料亭炊き」の魅力を訴求するために、都内の料亭にメディアの方をご招待し、おいしさを体感いただく試食イベントを企画。テレビ紹介や新聞掲載にもつながり、反響も大きいものでした。
その他、メディア向けの新商品発表会やプレスリリース作成も行います。ただ商品スペックを伝えるのではなく、社会背景やトレンドを入れて、どうニュースとして扱ってもらうかを考えることを大事にしています。

クックパッドとのコラボ企画を展開することも

もう一つ、メインでプロモーションを担当したのが、共働き世帯をターゲットとした「時短をサポートする炊飯ジャーJPK型」。忙しくても自炊はちゃんとしたい、身体にいいものを作りたいというニーズに対して活躍する商品です。

大きなトピックとしては、クックパッドさんとコラボし、“時短でできる炊飯器クッキング”をテーマに時短レシピや活用法を公開していること。そのほか、WEBサイト制作や主婦向けの雑誌タイアップ、SNSキャンペーンなど多彩なプロモーションを展開しました。17分でごはんが炊けて、調理もできる。1台あれば何でもできるこの商品の価値がどうすれば伝わるのか?ターゲット層に響く広告コンセプトを練っていくのも、私たちの仕事です。
おかげさまで反響も上々で、問合せも順調に増えています。協力会社との関わりや調整ごとも多く多忙な仕事ですが、反応が返ってくると嬉しいですし、お客さまが使用されるシーンを思い浮かべながら前向きに取り組んでいます。

JPK-A100

プロモーションやマーケティングをさらに深めたい

テレビCMに雑誌、WEBやSNSといったデジタル広告、発表会やイベントなど、お客さまと接点を持つポイントはたくさんあります。その一つひとつについて特性や活用法といった知識を深めたいと考えています。

また、SNSで自社商品を検索し、どんな使われ方をしているのかチェックするのが私のルーティンなのですが、市場が私たちに求めているのは何かを掴んでいける、マーケティングへの理解も深めていきたいです。

キャリアパス

1~3年目
営業(東京)/テレビ・ラジオ・カタログ通販法人の担当
4~5年目
広報宣伝チーム(大阪本社)/広報全般、炊飯ジャーPR
6年目
広報宣伝チーム(東京)/広報全般、炊飯ジャーPRに加えて、東京でのメディア向け発表会の実施など。

1日のタイムスケジュール

8:00
通勤時に業界ニュースやSNSのチェック
8:30
出社・ラジオ体操・朝礼
9:00
メディアからの問合せ対応、メディア向け資料(プレスリリースなど)作成
12:00
昼食(会社近くでランチ、社内でお弁当など)
13:00
取引先と打合せ(メディアやPR会社の方)
16:00
帰社・プロモーション企画資料作成(商品企画や営業企画など他の部署と連携しながら作成)
19:00
退社

オフの日の過ごし方

休日は、夫婦で東京の下町散歩を楽しんでいます。あとは同僚とプロレス観戦に行くことも。最近ハマっているのが、炊飯器クッキング。自社の炊飯ジャーを使って、鶏肉のトマト煮込みやチーズケーキを作ってふるまっています。
友人たちからも「すごいね!」と好評ですが、特に複雑なことはしておらず炊飯器任せです。

林 優紀 オフの日の過ごし方

学生のみなさんへメッセージ

会社選びの基準は人それぞれですが、私の場合は、その会社のサービスや商品、そこに込められた理念に共感できるかなどを意識して就職活動に励みました。入社後も自社商品への愛着はとても大きく、プライベートでもよく使っていますし、家族や友達にもおすすめしているほど。日々、誇りを持って仕事ができていると感じます。就職活動は大変だと思いますが、社会人ならではの楽しさもあります。ぜひポジティブな未来を想像して取り組んでください。

林 優紀

林 優紀林 優紀

「エントリー」または
「説明会・イベント」の申し込み

  1. 採用トップ
  2. 社員紹介
  3. 林 優紀